Amazonでの転売は大口出品を使うべき?!小口出品との違いや特徴とは

ネットショッピングでAmazonと言うと、多くの人が知っており、世界中でもAmazonの利用者がいる巨大なグローバル企業だと言えます。

全てではありませんが、ありとあらゆる商品が販売されており、早ければ注文した当日に配達されることも可能です。非常に利用者から評判の良いAmazonですが、実は出品者としても利用できるのをご存知でしょうか?

Amazonでは個人や企業でも、Amazonでの販売をすることが可能で、契約方法によっては「Amazonが販売する商品」とすることも可能です。

詳しい方法は後述しますが、主に大口出品と小口出品の2種類の出品方法があり、これらのシステムによってAmazonが取り扱う商品の種類や数が確保できているのかもしれません。

そこで、今回は転売におけるAmazonを利用した出品方法や、それらの違いや特徴、出品の際の注意点などを紹介していきます。

Amazonでの出品方法は?

Amazonで出品者として商品を販売したい場合、いくつかの条件があります。また、契約方法によっても必要な条件は変わってくるので、1つずつチェックしていきましょう。

Amazonでの出品方法としては2種類あり、大口出品と小口出品となります。

大口出品

大口出品で商品を販売したい場合には、まず月額登録料が必要になります。月額登録料は4,900円で、商品の売れた数に関わらずかかってきます。

そのため、商品を販売しない月があったり、販売数が少ない場合にはマイナスになってしまうこともあるので、始める前に検討が必要です。

販売手数料

大口出品では、月額登録料以外にもかかってくる販売手数料があります。商品代金の総額(配送料、またはギフト包装料を含む)に以下のパーセンテージをかけた金額がかかりますが、カテゴリーによって割合が変わってきます。

本、CD・レコード、ビデオ・DVD 15%
エレクトロニクス(AV機器&携帯電話) 8%
カメラ、パソコン・周辺機器 8%
エレクロニクス、カメラ、パソコンの付属品 10%(最低販売手数料は50円)
Kindle アクセサリ 45%
楽器 8%
ドラッグストア 10%
ビューティー 10%
スポーツ&アウトドア 10%
カー&バイク用品 10%
おもちゃ&ホビー 10%
TVゲーム 15%
PCソフト 15%
ペット用品 15%
文房具・オフィス用品 15%
ホーム(家具・インテリア・キッチン) 15%
ホームアプライアンス 10%
大型家電 8%
DIY・工具 15%
産業・研究開発用品 15%
食品&飲料 10%
腕時計 15%
ジュエリー 15%
ベビー&マタニティ 15%
服&ファッション小物 15%
シューズ&バッグ 15%
その他のカテゴリー 15%

ほとんどの商品は10%~15%の販売手数料がかかってきます。販売したい商品がどのカテゴリーになるかはしっかりと確認して、計算してから価格を決めるように気を付けなければなりません。

カテゴリー成約料

さらに、メディア商品に当たるカテゴリーの商品(本、ミュージック、ビデオ・DVD)は、販売手数料に加えてカテゴリー成約料がかかってきます。書籍は1点につき80円、その他は140円が必要になります。

費用例や、シュミレーションがAmazonのサイトで出来るので、何度も値段を変えたり、利益率を考えながら進めていきましょう。

小口出品

大口出品の他に、小口出品という方法でAmazonに出品することも可能です。小口出品では、出品する商品の数が少ない場合や、不定期での出品をする人に向いている出品方法になります。

小口出品のメリットは、月額登録料がかからず商品が売れない限りはAmazonにお金を支払うことはありません。ただし、基本成約料が小口のみ必要となり、1つの商品が売れるたびに100円の手数料を支払わなくてはなりません。

また、販売手数料や、メディア商品にかかるカテゴリー成約料は、大口出品と同様に必要となります。

損益分岐点

大口出品では商品の売れた数に関わらず4,900円の月額登録料がかかり、小口出品では1つの商品につき100円の手数料がかかります。

つまり1ヶ月に商品を50個以上売る場合には、大口出品がお得となり、それ以下であれば小口出品の方がお得になります。継続して一定数以上の商品を販売する場合には大口出品の方が良いでしょう。

カテゴリー制限

しかし、他にも注意しなければならない点として、大口出品と小口出品では販売できる商品のカテゴリーに差があるという事です。

具体的には、時計、ヘルス&ビューティー、アパレル・シューズ・バッグ、コスメ、ジュエリー、食品&飲料、ペット用品の7種類の商品が小口出品では取り扱うことが出来ません。

取り扱える商品が少ないという事は、利用者に購入してもらえるチャンスを減らしてしまうことになるので、できれば大口出品の方が良いかもしれません。

決済方法の制限

出品カテゴリー以外にも小口出品には制限があり、決済方法が小口出品ではクレジットカードのみになってしまう点が挙げられます。

大口出品であれば、クレジットカード以外にも代金引換えやコンビニ払いなど様々な決済方法が利用できます。利用者からしたら、決済方法が多い方が購入率も高くなるので大口出品で利用したいところです。

FBAを利用して売上アップ!

Amazonでは出品者として利用する際に、他のショッピングサイトとは違うサービスが利用可能です。

それはFBAというサービスで、「フルフィルメント by Amazon」の略称になります。出品者に対して様々なサービスを提供しており、必要に応じてAmazonに業務を委託することが出来ます。

利用方法

まずFBAを利用するには、登録作業を行っていきます。小口出品の登録をしてる人は月額4,900円の登録料が必要になります。登録が完了したら、Amazonに委託する作業を決めていきます。

基本的な手数料

FBAで必要になる手数料はまず2つあります。1つは在庫保管手数料で、もう1つは配送代行手数料になります。

在庫保管手数料は、商品の在庫を出品者が管理するのではなく、Amazonの倉庫で保管してくれるサービスに対してかかる手数料になります。商品数が多くなると、在庫の管理や保管スペースに困ってしまう人も少なくありません。

そういった悩みを解決してくれるのがAmazonの在庫保管サービスになります。季節に応じて空調設備もあり、Amazonが責任をもって管理をしてくれるので、安心して利用することが出来ます。

また、配送代行もAmazonに委託することが出来ます。配送作業も個人での出品はかなりの負担になってきます。手数料がかかってでも、作業効率アップをさせて売り上げを上げる方が結果的にプラスになる可能性もあります。

これらのサービスを利用して成功している転売屋もいるので、しっかりとシュミレーションを行って計画を立てていきましょう。

その他のサービス

商品の保管・在庫管理や配送作業以外にも、商品ラベルの貼り付け作業や、購入者からの返品・返金対応などの処理もAmazonが責任をもって行ってくれます。

特にクレーム対応や、商品の返品対応などは時間と労力がかかることも多いですが、FBAを利用することで、そういったことは全てAmazonの管理になるので出品者は商品の仕入れに集中することが出来ます。

Amazonとしての販売

FBAのメリットの中に、自分の商品がAmazonの商品として販売されることが挙げられます。FBAを利用しない自己出品では、Amazonの商品の下や右下の方に出品ページが表示されます。

多くの利用者は、値段に大きく差がない限りは気にすることなく1番最初に出てきた商品を購入すると思います。また、配送料も基本的にはAmazonからの販売商品は無料になるため、購入率は最も高くなります。

それを利用して、自分の商品をFBAによってAmazonの商品として販売することで手数料はかかりますが、購入率は上がり、結果的にプラスになると考えられます。

海外への出品も可能

さらにAmazonの強みとして、世界各国で展開をしているグローバル企業ということを利用することも可能です。世界各地に拠点を持っているAmazonの倉庫や販売網を利用して、海外にも出品できるサービスがあります。

海外のFBAを利用することで、全て自ら販路を開拓していくよりも最初から売り上げが期待できます。出品プランや手数料などの詳細はAmazonのホームページで確認することが出来ます。

商品によっては海外で売れる物もあるので、選択肢の1つとして考えていくのも良いでしょう。

商品によって使い分ける

大口出品にするべきか、小口出品にするべきか、FBAも利用していくかということは状況によっても変わってくるので、ケースごとに検討しなければなりません。

その判断材料として、いくつかのポイントや注意点を紹介していきます。

中古品の販売

Amazonでは、中古の商品も販売が可能です。ただしFBAを利用する場合には中古品の取り扱いが出来ないため、大口出品のみの販売となってしまいます。

また自己発送となるため、仕入れから購入者の対応、配送作業までを自分で行わなければなりません。クレーム処理なども考えられるため、出品する際には十分注意が必要です。

古物商

また、中古品を転売する場合には古物商の許可が必要になります。許可なく転売を行えば罪に問われてしまうこともあるため、必ず許可を得るようにします。

許可をもらうには、事業を行う最寄りの警察署の担当窓口で申請手続きを行います。時間と費用もかかるため、余裕をもって申請や出品計画を立てるように気を付けましょう。

商品のカテゴリーとサイズ

Amazonでは、商品によって販売手数料やカテゴリー成約料が必要になります。また、商品のサイズによっても配送料が変わってきます。

AmazonのFBAを利用して手数料を支払うか、自己発送でなるべく経費を下げながら販売するかは商品によって変わってくるので、シュミレーションと各運送業者の料金表を参考にして検討しましょう。

ただし、大口出品でFBAを利用した販売が最もリスクは少なくなり、慣れていない人ほど利用したほうが良いかもしれません。クレームや返品といったトラブルに対応して、作業が滞ってしまうの良くありません。

手数料がかかっても面倒な対応をAmazonにお願いしたほうが、仕入れや販売に集中できるようになるでしょう。

継続するなら大口出品

経験の浅い初心者だとしても、継続して出品を行うつもりであれば大口出品で行うのが最もベストと言えます。

その理由として、商品ごとの売上数、価格、アクセス数、購買率などの細かい推移やデータをチェックできるツールが大口出品では利用が可能だからです。

小口では1つずつ商品を登録して出品作業を行いますが、大口出品ではまとめて一括で商品を出品することも可能です。さらに、ビジネスレポートが利用できることで、様々なデータも得ることが出来ます。

商品の仕入れには、やはり購入者の情報は欠かせませんので、こういったデータを活用できるのも大口出品のメリットと言えます。

評価の重要性

Amazonで販売を継続していく上で重要になってくるのがアカウントの評価になります。ネットでは特に評価は重要な位置にあり、同じ商品を販売していても評価で選ばれる可能性は変わってきます。

利益率が低くても、評価を上げるために数を増やしていき、利益率の高い商品も購入してもらうように工夫することも大切です。

こういった目的に応じて商品を販売することで、効率よく短期間で売り上げを上げることも可能かもしれません。

早い段階から計画を立てる

Amazonで転売をするにあたって大切な事は、Amazonの販売システムやサービスなどの情報を出来る限り多く集めて理解しておくことです。

無計画に商品を仕入れて販売をしても、継続して販売することが難しくなり、挫折してしまうかもしれません。

中古品を扱うのであれば古物商の許可が必要ですし、FBAを利用するにも商品をAmazonへ送ったり、登録する時間も必要です。そういった時間をしっかりと作るためにも、余裕のある計画を立てて進めていきましょう。

また、売上も安定していけばさらなる仕入れを行ったり、販路拡大で海外での販売を始めることも可能です。計画を立てつつ夢をもって楽しめると継続して転売を行えるのではないでしょうか。

関連記事

  1. Amazonで商品を売るためのコツとは?出品して利益を上げるノウハウを…

  2. ヤフオクに出品しましょう!便利なツールやサービスも合わせてご紹介

  3. ラクマの送料を安く済ますには?商品ジャンル別のおすすめの送り方

  4. メルカリでかかる手数料は?他のフリマアプリとの比較も紹介!

  5. 完全攻略!モノレートを活用して10万利益を出す秘密の使い方!

  6. Amazon転売で確実に稼ぐ!転売は圧倒的にAmazonがオススメな理…

  7. 明日から使える中国輸入の具体的なリサーチ方法とは!?

  8. メルカリ初心者必見!!【検索】【購入】【出品】のポイントを徹底解説!!…