ヤフオク初心者必見!出品から落札までヤフオク完全攻略マニュアル

ヤフオクで仕事を組み立てるのは本当に簡単です。出品の手間や落札時のお客様とのやりとりのことで気を揉んでしまって、躊躇してしまう人が実は大勢いらっしゃるようです。

しかし、そんなことを気にする必要はなくて、出品したいものを決めて、それを写真を撮り、その写真をそのままヤフオクにアップして欲しい金額を決める。これだけで出品はできますし、落札はもっと簡単です

それこそスマホやパソコンを開いておいて、値上がりしてしまったら「この金額までは支払えるな」という上限金額に達するまでは入札を続ける。

そうして運がよければそのまま落札することができるわけです。また出品者さんとのやりとりもとっても簡単です!流れにそってメッセージのやりとりを2〜3通やるだけで無事に商品を手に入れることができてしまいます!その細かいお話に入っていきますね!

ヤフオク落札編〜誰でも簡単に落札はできます〜

まるでこの片手でできるハンドスピナーくらいに落札は簡単です。本当にAmazonや楽天で欲しいものを買うのと感覚は変わりません。通販で何かを買ったことがあるという初心者の方でも大丈夫です。

オークションの関係でよく聞く話が、商品を落札するときの「出品者とのやりとりでトラブルがあった」という問題です。

その方についていえば、本当に運がなかったと言わざるを得ませんが、きちんと落札が進めば、商品を落札するに当たって、それほど問題が発生することはありません。

そのあたりに関して、まずは落札に関するところからお話していきます。

オークション形式の商品を落札してみましょう

今回はパソコンで落札する方向でご紹介していきます。ちなみに、いきなりiPhoneやスマホのアプリで操作するよりも、パソコンでまずは写真や商品ページをしっかりと見で落札する方向をオススメいたします。

 

iPhoneやスマホの場合は、まずヤフオクアプリをダウンロードし、アプリをタップします。

 

パソコンで落札したい場合は、一番左のタブにある「ヤフオク」の項目をクリックそうすると、ヤフオクのトップ画面が出てきますので、その中で検索画面から欲しい商品を入力しましょう。

 

今回は完全になんとなくですが、「ハンドスピナー」を検索しましたら、いろいろな価格帯のハンドスピナーが表示されました。

 

上記ような商品画面が表示されるので、「この金額までならこの商品は欲しい!」というボーダーラインを自分で考えた上で、商品の「入札する」ボタンをクリックしていきます。

先程の「入札する」ボタンをクリックすると、「いくらで入札する?」というポップアップが表示されます。この金額ではなく、もっと高くするのなら問題ないのですが、安くしようとすると、最低落札価格がありますのでうまくいきません。

そのため、この金額で問題ない場合はこのまま「確認する」ボタンをクリックしてください。

 

次にこの画面が表示されます。先ほどと同じ金額なので、問題がなければこのまま「ガイドラインに同意して入札する」ボタンをクリックして下さい。

 

残り時間や出品者の都合で出品が強制的に取り消されない限り、このまま落札が成功する形になります。たったのこれだけで、晴れて欲しかった商品があなたのものになります!

フリマモード(即決形式)で落札してみましょう

今度はフリマモードでの落札方法に入らせていただきます。基本的にはオークション形式と全く同じです。

 

商品をまずは検索して、、商品の金額が許容範囲内ならそのまま「今すぐ落札する」ボタンをクリック。

「この金額でいいの?」という意味で、「ガイドラインに同意して購入(落札)する」ボタンが表示されますので、ここでクリックすると、購入が確定します。

それほど高額ではない商品であれば、こちらのフリマモードの方が始めやすいと思われます。メルカリやラクマなどのフリマアプリと基本が同じですので、気軽に購入やりとりができますので、オススメです。

ヤフオク出品編〜ヤフオク出品の方法を丁寧に解説〜

オークション形式で出品する方法について

オークションもフリマもほぼ同じ感覚で出品する形になりますので、オークションを中心にして出品方法に入っていきます。

カテゴリ選択→商品情報入力→入力内容確認→完了になります。

という流れで入っていきますが、例えば「iPhone」を出品する場合は、既にビックキーワードであるため、「キーワードから選択」をクリックして、先程の画像のように似ている商品のカテゴリを選択するのも効率的です。

次に「商品情報入力」についてです。

こちらの画像の一番下にあるのですが、「販売形式」というボタンがあります。こちらで「オークション形式で出品」をクリックするところがキモとなります。

オークションで「いくらで売れるかな?」という感覚が嫌いな人は、ここでオークション形式を選択せずに、「定額で出品」を選択してください。オークション形式の方が商品の価格が大きく伸びることがありますのでオススメですが、価格変動が苦手で抵抗がある場合は、定額もオススメです。

しかし、欲しい金額ではなく、値下げ交渉もあるので、くれぐれも「自分の売りたい金額で絶対売れる」という考えだけは持たないようにしてくださいね。ここまでくれば、後は画面の案内通りに進んでいくだけで、出品が完了します。

即決形式(フリマ出品)で出品する方法について

オークション形式ではなく、フリマ出品の方が画面も簡単です。

項目も少なく、商品情報入力→入力内容確認→完了という内容です。

売るためのキモとなるのは、商品情報の中の画像の綺麗さです。商品名や商品説明欄に細かく情報を記入するのはとても大切なのですが、画像が薄暗かったり、どこか家の床やほこり被ったところで撮影してしまうと、「この環境で商品を撮影したのか、、、」という感覚を与えてしまいます。

なので、常に売り手側の気持ちを考えて、お客様が欲しくなる商品を出品できるようにしましょう。そして、無事に落札が終了したあとですが、お客様とのやりとりが待っています。

あまり深く考えず、「自分が落札した時、どんな対応をしてくれたら嬉しかな?」と考えながら、力みすぎず(ここ重要!)にやりとりを楽しむようにしてください。

テンプレートもありますし、ヤフオクの出品の流れはとても細かくリードされていますので、それほど深く考えすぎなくても無理なくやりとりは完了します。

中にはめんどうくさがっていつまでもメッセージを開始しない人もいますが、それだと落札者さんは「いつになったらこの商品手元に届くの?」という不信感に煽られて、ヤフオクに苦情が入ります。

あくまでも大事なのは、「自分が落札したらどんな対応をしてほしいかな?」を意識してください。

ヤフオク初心者でもこれだけで稼ぐことができます

ヤフオクは慣れてしまうととても便利です。仮に自分で設定した出品期間に落札されなかったとしても、自動再出品のサービスもありますし、入札があるまでは作業は必要なくなります。

↓再出品についてはこちらで詳しく説明しています↓

まるっきり放っておくことはあまりオススメしませんが、きちんと通知設定もしておけば、落札があって放置してしまうこともありません。家に不用品があって、ブックオフや質屋、フリマ系の店舗に自ら持ち込むよりは、ヤフオクで1円出品をして、金額が上がるのを楽しみながら見ているのは快感に近いくらいです。

なので、ビジネスと思って固く考えず、楽しみながら出品して、売れてくれたら「今までありがとう」と商品に感謝を伝えてから発送して、落札者さんと商品のその後の未来の幸福を祈りましょう。

家にある不用品が実は宝の山だった

先ほども言いましたが、ヤフオクはとても便利です。今ある収入に加えて、家の整理や会社の在庫処分品などを探してその商品の販売方法を自分で考えて出品する。そして縁があればその商品が落札されてきちんと収入を得ることができます。

いらないものを整理し、収入にもなり、ビジネススキルも向上する。まさに一石三鳥といえるビジネスモデルであると言えます。

まだまだこれから起業したり、会社に務めながら、家で家事をしながらなど、様々なニーズに合わせてビジネスにすることができるのが、このヤフオクを活用した転売です。

ヤフオクで仕入れてAmazonで販売しよう

こちらの商品は、ヤフオクで仕入れてAmazonで販売する場合の例です。ちなみに、今欲しいと思っていて、調べていたキーボードがたまたま転売して利益が上がりそうな商品でした。

 

ヤフオクで商品を1,000円で落札することさえできれば、Amazonで販売するときには、倍の金額である2,000円近くで販売することができます。

少々価格が安めの商品ですが、このように商品を探すことができると、細かく、でも着実に利益を積み上げていくことができます。まずは欲しいものや得意なもの、関わりが深い商品を探すところから慣らしていきましょう。

最初から高額電気機器とか売れ筋が多すぎるスマホやiPhoneなどは、商売敵が多いので商品が売れるのが遅かったりなどの問題が出てくる可能性があります。くれぐれもまずは慣れ親しんだもの。ここにフォーカスしましょう。

初心者で5万円稼ぐためにやるべき事とは?

ヤフオク転売をモデルにしてまずは収入を上げる!と決めたなら、間違いなくヤフオク仕入れ→フリマやAmazonで販売の流れをオススメします。

TENBAI HACKSでもなんどもオススメしておりますが、安く仕入れられるところで仕入れ、より高く売れるところで販売するのは商売の鉄則です。しかし、購入する側とすれば、もちろん安く買えるのがうれしいですよね。それは仕入れをする私達側でも同じことが言えます。

なので、どこまでいっても「買う人はどんな出品者と取引がしたいか?」が大切です。

「翌日販売になります」と表示されていたからAmazonで買ったのに、実は発送元が中国で、「中国郵便を使うのでお届けは15日後になります」なんていう案内メールがきたらどう思いますか?嫌ですよね。しかし、実際にあることなのです。配達予定日は翌日です。でも実は〜というくだりは、特徴ある商品ほど起こりがちです。

だからこそ気をつけるべきなのです。

・欲しいからといって、他の出品者と違いすぎる金額で出品しない

・他の出品者が2日後の納品なのに、自分だけラクするために1週間とかにしない

・購入してくれる人がいたら、誠心誠意やりとりをする

このあたりは鉄則です。購入する人にとってみれば、出品しているあなたは「お店」です。お店の人と話をするので、「自分は個人なので許してね」は通じません。これはAmazonでもメルカリでもラクマでも同じです。

しかし、ネットでやりとりが完了することが多い転売において、「顔見えないから別にいいや」という考え方に至ってしまうことは少なくありませんし、実際そういう人はいます。

なので、逆に誠心誠意対処して、人間性高い取引を完了させられたとき、最高の評価をいただくことができて、次第に収入は上がっていきます。そうすれば、月5万円稼ぐことなど朝飯前です。

 

こちらの記事を読んでいただけたあなたへ、この記事もオススメです。

より高い利益を手にすることができる商品を紹介していますので、この記事をしっかりと読んでいただき、まずは月5万円を手にすることができましたら、ぜひこの記事も読んでくださいね。

↓こちらの記事も合わせてご覧ください↓

以上となります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

関連記事

  1. Amazonでの転売にはタイムセールを活用!仕入れから販売までお得に利…

  2. ヤフオクで売上確定となるタイミングは?入金が確認できないときの対処法

  3. 電脳せどり初心者が月収10万円を最短で稼ぐ方法

  4. ラクマの入金を当日に受け取る方法とは?旧ラクマとなにが変わったの?

  5. メルカリでかかる手数料は?他のフリマアプリとの比較も紹介!

  6. ラクマで出品者が気をつけておきたいこと!名前や住所は匿名でも大丈夫?

  7. 電脳せどりで稼ぐならコレを見よう!仕入先の裏ワザを大暴露!

  8. ヤフオクに出品しましょう!便利なツールやサービスも合わせてご紹介