転売は人気スマホで稼ぐ!仕入や販売のコツ・注意点とは?

仕事用とプライベート用でスマホ2台持ちをしている人は最近では珍しくない光景となってきました。また、海外に行く人も増えたため海外用のシムフリースマホを持っている人も増加しています。

最近では大手の携帯会社だけでなく、格安スマホを販売する会社もどんどん登場しているため、利用者の獲得争いはより激しくなっています。

まだまだ進化を遂げていくスマホですが、性能自体はどのスマホでも大きな差はなく、そこまで新作機種にこだわらないと考えている人も一定数います。そこで注目されているのが中古スマホの転売です。

携帯会社ではスマホの下取りで新機種の購入を勧めてきますが、意外に買取店に売ったり、転売したほうが高くなる場合もあります。

そこで、今回はスマホを使った転売について、コツや注意点をいくつか紹介していきます。

スマホの基礎知識


スマホを使った転売をしていくには、先ずスマホの基礎的な知識を持っていた方がより転売をする上で役に立つはずです。購入希望者から性能などの質問も多いので、対応できるようにしておきましょう。

androidとiPhone

先ず、スマホの種類を大きく分けるとandroid(Android OS)とiPhone(iOS)の2つに分けることが出来ます。スマホであることはどちらも変わりはないですが、OSと呼ばれるソフトウェアに違いがあります。

OSとは、コンピューターを動かすためのソフトウェアで、「Operating System(オペレーティング システム)」の略になります。働きとしては、スマホ全体の管理や制御など基本的な部分を支えています。

ゲーム機で例えるならば、スマホはゲーム機、OSはニンテンドーなのかプレイステーションなのかといった違いになります。それぞれの専用のソフトが使用されているため、大きなくくりとしては同じですが、機能にも差があります。

android

androidは、Google社がOSを提供や管理しており、そのソフトを搭載しているスマホがandroidスマホと呼ばれています。

しかし、一口にAndroidと言っても、SONY、Samsung、SHARP、富士通、ASUS、HUWAIなど、国内外の製造メーカーが存在しており、種類も非常に多く製造されています。

機能もそれぞれの会社の特徴が表れており、大きさや形、カメラの性能、操作性、バッテリー、音質などそれぞれの強みを出して利用者のニーズに応えています。

機種の種類の多さ

androidは、多くのメーカーがスマホを製造しており、多くの種類が選べるのが特徴です。

Google社はOSをライセンスフリーで提供しているため、GalaxyやXperiaといった代表的なスマホを中心に、各メーカーが端末を自由に作ることができます。

ただし、メーカーによって操作方が違う場合もあるので、機種変更を行った場合は慣れるまでに時間がかかることもあります。

カスタマイズのしやすさ

他にandroidの特徴として、ホーム画面のカスタマイズのしやすさがあります。

時計やアプリを自由な場所に配置することが出来るので、ホーム画像や使いやすさによって利用者が自由に設定することが出来ます。

バッテリー交換とSDカード

さらに、androidの良い点としてバッテリー交換が出来たり、SDカードのスロットが搭載されているので、劣化や故障によるバッテリーの交換やデータを簡単に移動したりすることが可能になっています。

ただし、防塵防水機能のあるスマホではできない場合もあるので、機種によって確認が必要になります。

iPhone

一方iPhoneは、アップル社が独自に基準や審査を行っており、品質や安全性の高さが人気の理由にもなっています。もちろん他にもiPhoneの魅力があり、androidにない良さもあります。

操作性

iPhoneとandroidの違いの1つとしてボタンがあります。androidは、多くの機種で「戻るボタン」と「履歴ボタン」が搭載されています。特に、戻るボタンが便利だと感じる人もいれば、必要ないという人もいます。

恐らく、androidかiPhoneのどちらで慣れているかで感じ方も変わってくるとは思います。しかし、iPhoneの方がホームボタン以外にボタンがないため操作性が良いという評価が多く見受けられます。

バックアップやデータ移行

androidでもバックアップやデータの移動などの機能はあり、最近のモデルであれば、iPhoneと変わらないほどノンストレスで行えるかと思います。

しかしメーカーが変わってしまったり、SDカードもミニSDカードとSDカードといったように、機種によっては変換したり専用の道具、アプリなどが必要になる場合もあります。

それに比べでiPhoneは基本的にどの代のiPhoneでもデータの移行やバックアップは同じ方法で、簡単に行うことが出来ます。専用の機会やアプリも不要で、最新モデルへの機種変更もandroidより楽に行えます。

特にバックアップに関しては、復元をしたい時期を選択することも出来るので、利用者にとっては非常に好評のようです。

仕入時の注意点とは?


スマホについての基礎知識を理解したら、実際に仕入れへと進めていきます。転売において、仕入れる商品は最も大切なポイントになります。商品が悪ければ購入してもらえずに赤字となってしまいます。

見極める力を初めから持っている人はほとんどいないので、ポイントを押さえて少しずつ経験と実績を積んでいくようにしていきましょう。

白ロムと黒ロム

先ずスマホを仕入れていく際に注意しておかなければならないことがあります。それは、白ロムなのか黒ロムなのかになります。この言葉自体聞いたことがないという人がほとんどのはずです。

白ロムのスマホを仕入れる

白ロムとは、契約者情報が入ったSIMカードが抜かれた状態のスマホ端末の事を言います。携帯番号やインターネット通信が出来ない状態なので、購入者はSIMカードを入れることで使用することが可能になります。

逆に黒ロムは、SIMカードが入った状態のスマホ端末で、契約した人の情報や携帯番号もそのまま残っていることになります。黒ロムのスマホは販売するとトラブルや犯罪に利用される可能性もあるので転売しないようにしましょう。

転売で仕入れるスマホは白ロムであるという事は最初に確認すべき点なので、注意しておきましょう。

SIMフリー

2016年からSIMロックの解除が可能になり、スマホ端末の機種変更を行ってもSIM情報を移せば以前と同じ番号での利用が可能になりました。端末自体も、SIMカードを移せば利用が出来るように解除も可能になっています。

そのため仕入れる際に注意しておきたい点は、スマホ端末がSIMフリー版であるか、またはSIMロックが解除されている物かどうかが大切になってきます。

海外での利用

SIMフリーのメリットは、機種変更しても今までと同じ携帯番号を利用したい人や、海外でSIMカードを購入して格安に利用できるようにといった理由で購入する人が増えています。

そういった需要をしっかりと見極めておかないと、使用できない端末になってしまいクレームに繋がってしまいます。

赤ロムのスマホ端末

白ロム、黒ロム以外にも実は赤ロムと呼ばれるスマホ端末が存在します。赤ロムは、料金滞納などで通信会社から機能をロックされてしまった端末の事を言います。

1度ロックされてしまうと解除出来ないため、知らずに仕入れて販売してしまうとクレームになってしまいます。必ず制限ロックされていない端末かどうかも確認しておきましょう。

動作確認と状態確認

スマホに限らずですが、仕入れたものがきちんと動作するのか、状態は問題ないかのチェックは怠ってはいけません。スマホで特に気を付ける点は動作確認です。見た目に問題がなくても正常に動作しない物もあるので点検を行っていきます。

動作確認

外見では確認できない部分で、全てを確認しようとすると大変かもしれません。しかし、中古品は特に購入者も正常に動作するかは気になっている部分で、今後の取引にも関わるのでしっかりと行いましょう。

項目としては、マイクとスピーカー、ライト、カメラ、指紋認証や顔認証、タッチパネル、突然のシャットダウン、充電に関しては最低限チェックが必要になります。

状態確認

状態確認では、画面、ボタン、スロット、差込口といった部分にひび割れや故障などがないかを確認していきます。特に小さな傷はしっかりと確認しておかないといけません。

また、スマホ端末だけでなく付属品や保証書、取扱説明書、外箱なども揃っているかどうかでも値段がかなり変わってきます。新品にどれだけ近い状態の端末を仕入れられるかも大切になります。

転売時のコツとは?


転売できるスマホ端末を仕入れたら、最後に売っていきますが、スマホはタイミングや売る場所などの工夫が必要になります。それをしっかりと押さえておけば、上手く売れる確率も上がっていきます。

売るタイミング

スマホには売れるタイミングがあり、各携帯会社は3月に決算期に入るためこのタイミングに値下げが行われることが多くあります。また、新年度に向けてスマホを購入したり買い替えたりする時期でもあります。

更に進学が決まった学生もターゲットに加えるならば、1月から3月ごろにスマホは需要が多くあると考えられます。端末も安くはないため、中古からという人も少なくありません。

新入生、新社会人

特に購入してくれる可能性が高いのは新入生や新社会人になります。スマホを初めて購入したり、新たな生活に向けて買い替えたりと考える人が多くいます。

携帯ショップは非常に混んでいたり、手続きに時間もかかるため、そういったことを煩わしく感じる人に向けて売っていくと良いかと思います。

海外への販売

スマホの転売のメリットとして、世界中で利用されているという点が挙げられます。世界中で購入者がいるということは、転売をする側にとってかなりの購入率アップが見込めます。

しかし、海外の人にどうやってスマホ販売をしていけばよいのか分からないという人も多くいるはずです。簡単に転売をする方法としてはいくつかあります。

Amazon

Amazonは世界中に販路を持つグローバル企業です。日本から海外の商品を仕入れたり、逆に販売することも可能です。販売するにはセラーアカウントを用意しておく必要があります。

更に、海外への販売には専用のアカウントを作ることになります。ゼロから販路を広げるよりも、安心して確実に販売できるAmazonは利用価値ありだと言えます。

eBay

アメリカ発の世界最大のネットオークションサイトになります。日本ではあまり馴染みの薄いサイトかもしれませんが、世界的には非常に有名なため、日本とはケタの違う利用者がいます。

そのため、高額で商品が売買されることも多くあります。スマホも人気商品の1つなので、メルカリやヤフオクよりも高額で転売できる可能性も秘めています。

英語が出来る人は有利かもしれませんが、日本語でも利用できる仲介サイトもあるので上手に活用していきましょう。

ライバルとの競争

スマホの転売は非常に利益を出しやすいと言えますが、その分他の人も同じことを考えているためライバルが多く存在しているとも言えます。

同じ商品は非常に多く出品されているので、値段、アカウントの評価、対応力、タイトルや説明文など、何かしらでライバルと差をつける必要があるかもしれません。

同じ値段で同じ機種でも売れる可能性もありますが、強みがある方が良いでしょう。何で対抗していくのかをしっかりと考えておくべきです。

知識と経験が最大の武器

スマホに限らずですが、勉強して知識を身につけ、経験を積んでいる人が強いはずです。どちらかだけでは、いずれ壁にぶち当たって上手くいかなくなる可能性もあります。

特にスマホの転売では、どんな機種を仕入れるのか、仕入れる商品の状態は問題ないのか、どの時期に販売を強化していくのか、誰をターゲットに販売していくのかなど重要な項目となります。

それらを踏まえたうえで、メルカリ、ヤフオク、Amazon、eBayなどの販売場所を使い分けたりしながら安定した利益を出せるようにしていきましょう。

ライバルが多い場所でもあるため、生き残っていくための方法もしっかりと考えていく必要もありますが、先ずは場数を踏んでいくことが大切です。

関連記事

  1. メルカリで値下げ交渉された時の手続きの方法とは?

  2. メルカリVSヤフオク!あなたの商品どちらで売るべきか?

  3. CDの転売は儲かるのか?やり方やメリットデメリットを徹底解説!

  4. amazonの評価が悪いとアカウント削除になる?評価を上げるためのポイ…

  5. ヤフオクの自己紹介欄の書き方と見せ方。信頼度アップに効果大。

  6. せどり初心者が知っておきたい失敗例!Amazon転売で失敗しないために…

  7. 食品せどり(転売)の具体的なやり方とは?おすすめな仕入先も紹介!

  8. フィギュアを仕入れて転売する方法!フィギュアの仕入れ基準とは!?