ヤフオク無在庫転売の具体的なやり方と注意点まとめ!

メルカリの転売規制が厳しくなっていく一方で
ヤフオクの無在庫転売の市場は伸び続けています。

無在庫で出来るというのは転売初心者資金の少ない人にとって
非常にありがたいビジネスモデルですね!

しかし、いざ無在庫転売をしようとした時、このような悩みはありませんか?

「無在庫転売はどうやれば良いか分からない」
「利益を上げるためにはどうしたら良いの?」
「無在庫転売はどれくらい稼げるようになるの?」

恐らく、殆どの人はそうだと思います。

無在庫転売は在庫リスクがないというメリットもありますが
在庫を持たない事でお客様のクレームアカウントの停止にも繋がる恐れもあるので
きちんと理解した上で取り組む必要があります。

そこで今回はヤフオクの無在庫転売のやり方注意点をまとめましたので
ご参考にしていただければと思います。

B子
無在庫転売のノウハウがわかれば、どのプラットフォームでも稼げるのでおススメの手法ですね♪では、早速読み進めていきましょー!

 

まずは知っておきたい無在庫転売のメリットとデメリットとは?

そもそも無在庫転売とは、簡潔に言うと
「在庫を持たずに販売し、利益を生み出す販売方法」です。

通常の在庫販売を行う場合
仕入れ出品販売発送と言う流れに対して

無在庫販売を行う場合
出品販売仕入れ発送と言う流れになります。

このように、無在庫の場合は販売されてから仕入れて発送します。
似てるようですが、在庫を持つか持たないかでメリット・デメリットは大きく異なってきます。

無在庫転売のメリット

在庫リスクが「ゼロ」

在庫を持たないため、売れ残る心配がありません。物販で資金をショートさせてしまう方の多くが
利益が出ないからといって在庫を保有したまま価格が上がるのを待ちます。

資金のないうちは利益が出ないことよりも、赤字でも売り切って資金を回収することの方が重要なのです。
その点無在庫の場合はその心配が入りません。
在庫を持たないと言う事は無在庫転売に置いて最大のメリットと言えます。

無在庫なら資金がなくてもできる

無在庫の場合、商品が売れてから仕入れを行う為、入金が先になります。
つまり支払いが出来ないと言う事態にはならない為
資金が少ない人にとっては安心して取り組む事ができます。

また売れない場合でも仕入れる必要はないので、資金的には全くのノーリスクで行う事ができます。

ヤフオク無在庫は資金サイクルが早い

ヤフオクの売上金は以前は発送連絡をした後に入金されていましたが、規約が変更になり
2018年3月1日より「落札者が受け取り連絡をしてから」入金されます。

そのため、以前よりも入金が遅くなりますが、発送するタイミングによっては2〜3日での入金も可能です。

簡単に取り組むことができる

無在庫に限らず物販自体がシンプルなビジネスモデルで誰でも簡単に取り組む事ができます。
中でも無在庫転売は在庫も資金もスキルも入りません

学生のうちに転売で月収30万円稼ぐ強者もいるくらいで、非常に再現性が高いビジネスモデルです。
もしビジネスを始めようとお考えているのであれば、無在庫転売からスタートしてみるのも良いかもしれません。

無在庫転売のデメリット

無在庫はライバルが多い

無在庫転売はだれでも取り組める一方、出品者が非常に多いです。
ライバルが多いから稼げないと言う事はありませんが、ライバルと同じような事をしていては
稼ぎにくくなる事は間違いありません。

クレームに繋がりやすい

手元に在庫があれば発送もすぐに出来ますが、
無在庫転売の場合売れてから仕入れて発送するため、発送が遅れます。

商品説明などにきちんと配送予定日などを書いていないとクレームに繋がってしまします。
また納品書などが混入してしまうと仕入れた金額が分かってしまうため
やはり落札者とのトラブルに繋がります。

アカウント停止リスクが必ずある

メルカリやヤフオクでは無在庫転売は禁止されています。ただヤフオク側では
在庫を持っているか、持っていないかなど判断する事は出来ないので
無在庫で出品したとしてもアカウントが停止になるという事はありません。

ただ注意すべきは在庫の確保などが出来ずにキャンセルする場合です。
本来在庫がある事が前提の取引なので
キャンセルを何回も行なっているとアカウントの停止になる可能性があります。

ヤフオクで無在庫転売する具体的なやり方とは?

では実際にヤフオクで無在庫転売する方法を説明いたします。

無在庫転売の販売先はどこが良い?

無在庫転売をするのであれば、メルカリよりもヤフオクが圧倒的におすすめです。
ヤフオクは日本NO1の商品数と、誰でも手軽に売り買いができるセレクトショップで
転売をしてない人でも認知度は高いです。

無在庫で行う場合、どうしても出品数を増やす必要がありますが、メルカリでは大量出品は禁止されています。
反対にヤフオクは一つの出品IDにつき、1日で3000点出品する事が可能です。

また入金サイクルもヤフオクの方が早く
メルカリは売り上げ申請してから最大で10日かかる場合もあります。

さらに手数料の点でもヤフオクは8.64%とメルカリよりも安いので
無在庫転売を行うのであればヤフオクをおすすめします。

商品はどこから仕入れたら良いか?

結論から言うと仕入先はアマゾンです!
やる事はAmazonにある「商品画像」と「商品説明」と「タイトル」をコピーして貼り付けるだけです。

仕入れる商品は出来るだけ回転の良いAmazonランキングの高い商品を選ぶようにしましょう。
ただAmazonより高いのにヤフオクで購入されるのか?と言うと、購入されます。

Tポイントを消化したい、Amazonで買った事がない
ヤフオクの方が安いと思っているなど理由は様々ありますが

実際にヤフオクでは売れています。

こちらの商品ヤフオクで送料無料2,900円ほどで売れています。
商品画像もAmazonと全く一緒ですね。

 

これがAmazonだと

2,309円で販売されています。
ちなみにこちらの商品を2,980円で販売すると

2,980円ー2,309円(仕入れ値)ー257円(手数料8.64%)=414円利益
となります。

 

Amazonランキングは?と言うと

12位なのでかなり高回転の商品ですね!

出品作業はツールに任せるべし!

ただAmazonランキングを上からリサーチして出品するとなると膨大な時間がかかります。
ましてや1日3,000商品を手作業ともなるとほとんど不可能です。

そこで商品リサーチや出品作業はツールに任せて作業効率を上げる必要があります。
ツールは無在庫転売では必要不可欠で、無料のものから有料のものまであるので
自分にあったツール選びをしましょう。

売れた商品の発送はどうしたら良い?

商品が売れた段階で仕入れを行う訳ですが、アマゾンから直接落札者の住所に配送します。
具体的なやり方をご説明いたします。

 

1.まず、売れた商品をカートに入れます。

 

2.カートからギフトの設定にレ点を入れます。


3.次に落札者の住所を入力していきます。

ただし電話番号だけ自分の電話番号を入力してください。


ギフトメッセージ
はなんでも良いですが、落札者から「ヤフオクで買ったのにアマゾンから届いた!」
とクレームに繋がる恐れもあるので、アマゾンの配送サービスを利用している旨を記載しておく必要があります。

最後に「納品書に金額を表示しない」にチェックが入っていることを確認したら注文確定します。
納品書に金額が記載されると仕入れた金額が載ってしまうので、ほぼ100%クレームに繋がります

チェックの確認だけは絶対に忘れないようにしましょう。

利益を増やすには出品量を増やす!

無在庫転売で利益を増やすためには、まず出品数を増やさなければいけません
しかしヤフオクの場合一つのアカウントで出品できる数に限りがあるため、

アカウントを増やして出品数を増やしていくなどの工夫が必要です。

ヤフオク無在庫転売の注意点とは?

無在庫転売は在庫や資金がいらない反面、

一歩間違うとお客さんからのクレームやアカウントの削除にも繋がるので

行う際は、十分注意しましょう!

評価が少ない状態での大量出品は控えよう

ヤフオクでは新規アカウントや評価の少ないうちに大量出品をしてしまうと
利用停止や出品制限になる可能性が高いです。

また評価集めでAmazonのギフト券などを安く販売する行為も昨年から厳しく規制されており
過去に評価集めをしていた販売者は次々にアカウンの停止や削除になってしまったそうです…

では、次に正しい評価の貯めかたを解説させて頂きます。

まずは評価を貯めてアカウントを強くしていくこと

評価を貯める方法は簡単にいうと「相互評価」が一番早いです!
相互評価とは、ヤフオク出品者同士で評価をつけあうという行為です。

例えば、このような方法が最近多く見受けられます。

相互評価でギフト券を贈るのは不可ですが、img.ファイルを送ることは
ヤフオクでは、今の所大丈夫なようです。

まだ評価が100に満たない場合は、相互評価をうまく使いましょう!

必見!評価の基準と出品可能数の目安について

ヤフオクでは評価に応じて、出品点数が決まってきます。
下記の基準で出品すると、アカウントがBANされにくいです。

・評価 0 → 30点まで
・評価 100以上 → 500点まで
・評価 300以上 → 出品数1000点まで
・評価 500以上 → 出品数2000点まで
・評価1000以上→ 出品数3000点まで

ここからわかるように、出品点数は3000が上限ですので
評価1000以上いけば新しいアカウントを作りましょう!

配送までの期間をしっかり考慮する

仕入先は基本Amazonですが、慣れてきたら他のサイトからも
仕入れを行うのも良いと思います。
ただし仕入先によっては商品の発送が異なる場合があります。

販売する際に商品説明に配送までの期間をきちんと明記しないと
クレームやキャンセルに繋がってしまうので
配送までの期間は商品毎にきちんと把握しておきましょう!

仕入れる際の送料を忘れずに

仕入れの際に送料が発生しますが、送料を考えいないで出品すると赤字
なってしまう場合があるので注意が必要です。

例えば、
商品代金2,000円+送料1,000円の商品と
送料込みで2,600円の商品があったとします。

本来であれば後者を選びますが
初心者の中には商品代金ばかりを見て送料を考えず
前者を仕入れてしまう場合もあります。

出品する場合は仕入れる際の送料を考えた上で出品するようにしましょう。

納品書に仕入れ金額を記載しない

Amazonから仕入れる場合は「ギフト設定」で
仕入れ金額を記載しないようにする事ができます。

ただ他の仕入先から仕入れる場合、納品書が入らないように事前に連絡をしておきましょう。
またどうしても納品書を入れなければいけない場合は
「プレゼントとして渡すので」などと、理由をしっかり伝えましょう。

無在庫に慣れたら在庫販売でさらに収入アップしよう!

無在庫に慣れてきたら、ぜひ在庫販売にもチャレンジして見てください!
理由は単純で、「圧倒的に儲かる」からです。

無在庫転売で月10万稼ごうと思ったら何千商品と出品する必要がありますが、
在庫販売であれば商品によっては数種類で月10万は余裕で達成できる数字です。

稼ぐための情報があれば誰でも稼げるのがAmazon転売ですね!

FBAを使えば在庫管理や販売が楽になる

在庫販売で行う場合の販売先はAmazon一択です。Amazon最大の特徴でもあるFBAサービスを使う事で、
転売に充てられる時間が少ない方でも10万、20万と稼ぐことは難しくありません。

またFBAを使う事で、在庫管理や販売の手間がいらず商品登録も1、2分で終わります。

圧倒的に売れやすい

自分が欲しい商品をネットで探す時、検索すると大概Amazonの商品ページが上の方に出て来ませんか?
それだけAmazonの販売力が凄まじく、多くの方がAmazonを利用しています。

自分でネットショップを開くとなると
Webサイトを開設してSEO対策して…と、相当難しいと思います。
その点Amazonでは登録している商品に自分も出品するだけで、
多くのAmazonユーザーが買ってくれます。

アカウント停止のリスクが低い

無在庫は元々メルカリやヤフオクで禁止されている行為ですので、
突然アカウントが利用停止になるという事もあり得ます。

反対に在庫販売はFBAであれば発送がAmazonなので遅延もまず無いですし、
よほどグレーな商材を売っていなければ、アカウントが停止になるという事はありません。

今回はヤフオクでの無在庫転売のやり方や注意点をまとめましたが、いかがでしたでしょうか?
無在庫は資金も在庫ももたいないため、ネットビジネスでもかなりリスク無しできる部類ではないでしょうか?

ただ無在庫転売はリスクがない分注意する事も多く、取り組む際には事前確認を徹底しましょう。
そして無在庫転売で資金を作ったらAmazon転売にもチャレンジしてみる事をおすすめします。

A子
ヤフオク無在庫転売のノウハウをお話ししましたが、メルカリもうまくやれば無在庫転売ができます!興味ある方はメルカリ無在庫の記事もご覧ください♪

 

関連記事

  1. メルカリVSヤフオク!あなたの商品どちらで売るべきか?

  2. 転売の王道を押さえて確実に稼ぐ!3つのポイントと注意点とは?

  3. メルカリで売れるための写真を撮るコツとは!?

  4. 転売で儲けるならAmazonがおススメ!その理由とは?

  5. メルカリで送料を抑えて売上・利益を増やそう!オススメの発送方法を徹底解…

  6. ヤフオク無申告で税務調査が来たらどうする?対策や注意点

  7. せどり初心者が知っておきたい失敗例!Amazon転売で失敗しないために…

  8. ヤフオクで副業を始めよう!あなたが知らないと損をする3つのこと