中国輸入代行業者を徹底比較!おすすめな代行業者11選!

これまで中国輸入ビジネスを進めてきて、
代行業者を使っているけれど、

納期が遅かったり
違うものが届いたり

発注や発送に関する
トラブルでお悩みの人も
多く存在します。

たくさんある業者の中で、
自分にピッタリの
満足いく業者を見つけるのは
とても難しい問題です。

輸入の初心者からすれば、
さらに難しいことでしょう。
今回は、中国輸入の初心者から
経験者に向けて、

おすすめの代行業者11選

ということで、数を絞って
ご紹介していきたいと思います。
代行業者を選ぶメリットや
デメリットも確認しながら、
慎重に業者を選んでいきましょう!

中国輸入をする方法は2パターンあります

これから中国輸入を始める人にとって、仕入れ先は気になるところです。現在、中国輸入をしているセラーはどこから商品を仕入れているのか?中国輸入で商品を仕入れる場合、大きく分けて2つのパターンがあります。ここでは、そのパターンについてご紹介していきます。

ネット上で注文するパターン

現在、中国輸入をしている
セラーの大半はインターネットを使い
「中国サイト」から商品を仕入れています。

代表的なサイトは「アリババ」
「タオバオ」「アリエクスプレス」
などです。
これらのサイトは、商品数が豊富に揃っており、
価格も安いことが魅力的です。

ただし、ネット注文の場合は、
商品の状態が届くまで分からない点や、
大勢のセラーが一斉に
同じサイトを利用しますので、
商品が競合する場合が
多々あります。

また、Amazonで出品する場合
相乗り出品もあります。
これらを防ぐためには、
複数の仕入れ先を
持っておくことが大事です。

中国には、アリババやタオバオ以外にも、
たくさんのECサイトが存在します。
他のサイトをリサーチすることで、

他では仕入れることができない商品や
競合しない商品を見つけることも可能

です。

現地に直接買い付けに行くパターン

インターネットとは別に、
中国の卸売市場に行き、
直接商品を仕入れる方法もあります。

こちらの場合、現地にいき
自分の目で商品を確認できますので、
安心して知れることができます。
また、中国サイトに掲載されていない
商品と出会えることもあるので、
ライバルよりも有利になることが多いです。

代行業者選びではきちんとメリット・デメリットを把握する

中国輸入をするにあたり、必ずしも代行業者を使って仕入れることが良いとは限りません。代行業者を使うデメリットもあるのでしっかりと良い面と悪い面を認識した上で代行業者を選ぶようにしましょう。

代行業者を選ぶメリット

✓商品が届かないという心配が不要になる
代行業者を使うことで、
時間と手間のかかる
仕入れや発送を代わりに行ってくれます
また、直接取引だと心配な

「商品が届かない」

などのトラブルもありませんので、
初心者でも安心して輸入ビジネスに
取り組むことができます。

 

✓検品で不良品の発生を抑えることが可能!
代行業者では、仕入れ・発送の他にも、
検品サービスも利用することができます。
簡易検品であれば無料で行ってくれるので、
不良品を仕入れてしまうリスクを抑える
ことができます。

商品によっては、念入りに
検品する必要があるので、
その場合は有料検品で対応してくれます。

・簡易検品とは
サイズや色などを
目視で簡単に検品すること

・有料検品とは
商品を開封し、汚れや傷など
細かい部分まで検品すること

 

✓AmazonFBA倉庫へ直送可能な
業者を選ぶことで自宅管理が不要になる
場所もコストであるため、
FBAへ直送してくれる代行業者
であれば大きなメリットとなります。
自宅に置いておくと、何かと
トラブルにもなり兼ねないので…

代行業者を選ぶデメリット

✓融通が利かない場合がある
代行業者には、たくさんの利用者がいます。
ひとりだけ優先するわけにはいかず
その点を理解して利用しましょう。
時期によって、混み合っている場合もあり、
すぐに対応してくれない時もあります。

 

✓対応が遅い場合がある
代行業者によって差がありますが、
質問メールの返信が早かったり、
遅かったり、様々です。輸入ビジネスでは
スピードが重要になってきます。
利用していて、あまりにも
連絡が遅い業者は
見直した方がよいでしょう。

中国輸入するなら知っておきたい注意点

中国輸入をする上で、
注意するべきポイントと言えば、
やはり偽物を仕入れてしまうことです。
気付かずに仕入れて
販売しても犯罪となってしまうので、
充分に気を付ける必要があります。

偽物を販売してしまうと?
ラクマで偽物を購入してしまって民事裁判になりそうだった話

事前にリサーチしておくべき注意点

また、商品を仕入れたのに売れない、
というのは一番の悩みですよね。
あなたが失敗せずに中国輸入ができるように、
ここでは事前にリサーチしておくべき
注意点についてご紹介します。

✓価格競争に巻き込まれる
中国から商品を輸入し、相乗り出品しても、
出品者が多い場合、売れにくくなるので
どうしても値段が下がる傾向があります。
いかに出品者が少ない商品を
仕入れられるかも重要になってきます。

 

✓不良品や偽物を仕入れてしまう
中国製品は不良品が出やすいものです。
そのため、輸入の際は中国側で
検品できる体制を準備しておきましょう。
特に、新規で仕入れる場合は
初回の検品は必ず行うことが必要です。

ここで手を抜いてしまうと、
後々クレームになって帰ってきますので、
気を抜かないようにしてください。
その点、イーウーマートなら
安心して任せることが可能ですね!

また、ブランドの偽物や
コピー品の販売が発覚した場合、
アカウント停止になる危険性が
あるので気を付けましょう。
始めからブランド品には手を出さないこと
と決めておきましょう。

 

✓販売に許可が必要な商品を仕入れてしまう
せっかく商品を輸入しても、
許可が必要な商品だった場合、
許可が取れるまで
在庫になってしまいます。
これでは、資金繰りに影響を
及ぼしてしまいます。
法律や規制については、
事前にしっかりと確認しておきましょう。

 

✓Amazonのカテゴリー規制
Amazonで商品を販売しようと思っても
一部のカテゴリは規制がかかっている
ため販売をすることが出来ません。
一体、どのようなカテゴリーに
規制がかかっているのでしょうか。
以下のカテゴリーには、
以前までは規制がかかっており、
申請をする必要がありました。

・食品&飲料 
・ドラッグストア 
・服&ファッション小物 
・ペット用品 
・ジュエリー 
・カテゴリー 
・ビューティー 
・シューズ&バッグ 
・時計 

現在はカテゴリー申請がかかっているのは
以下のカテゴリのみになります。

・ジュエリー
・時計
・Amazon限定商品の出品
・イタリア製品

中国輸入でOEM商品を
作成してから販売できなかった、
となったら損失は
非常に大きくなってしまうので
カテゴリーの解除が必要な場合は事前に
解除をしておきましょう。

おすすめな代行業者11選!

次に中国輸入の代行業者でおすすめな代行業者をご紹介いたします。どの代行業者にもメリット・デメリットがありますのでぜひ比較してみてください!

イーウーマート

【イーウーマートのおすすめポイント】
✓5日以内のスピード配送
✓FBA納品代行サービス
✓独自の受注システム

【国際配送料】
・最初の500g:88元
・500g以降
・10㎏:420元

【代行手数料】
・商品代金の10%(プランによって異なります)

【料金プラン】
・月額会費 19,700円(税抜)

OEMパートナーズ

【OEMパートナーズのおすすめポイント】
✓とにかく早いレスポンス
✓良心的な金額設定
✓幅広い代行サービスのカスタマイズ
✓転売だけでなくOEM・ODMに関する理解
✓徹底したセラー目線でサポート

【国際配送料】
・基本送料(500g未満):58元
・加算送料(500g単位):18元
・11~20㎏:30元
・21~50㎏:26元
・50~100㎏:23元
・101~200㎏:17元

【代行手数料】
・なし

【料金プラン】
・月額会員費:29,800円(税抜)

チャイナ・トレーディング

【チャイナ・トレーディングのおすすめポイント】
✓注文が楽チン!
✓注文金額がすぐに分かる!
✓商品の個別発送も可能
✓発送方法のバリエーションが豊富!

【国際配送料】
・最初の500g:180元
・500g以降:40元
・10㎏:475元

【代行手数料】
・商品代金の7%(最低料金950円)

タオバオ新幹線

【タオバオ新幹線のおすすめポイント】
✓業界最安値水準の代行手数料!
✓チャットで問い合わせ・仕入れ・購入が可能!
✓お買い得商品の仕入れリストを公開!

【国際配送料】
・最初の500g:90元
・500g以降:20元
・10㎏:470元

【代行手数料】
・9,000円以下:980円+税
・9,000円以上:9%+税

タオバオ代行王

【タオバオ代行王のおすすめポイント】
✓デポジット制でスピーディーな対応
✓低価格で安全な配送
✓中国貿易の情報を隠さず開示

【国際配送料】
・最初の500g:180元
・500g以降:40元
・10㎏:940元

【代行手数料】
・1万円未満:980円
・1万円以上:10%

タオバオ便

【タオバオ便のおすすめポイント】
✓初心者向けのレクチャーサイトがある
✓幅広い商品の輸入サポート
✓日本語で探せる老舗代行サイト

【国際配送料】
・最初の500g:80元
・500g以降:10元~37元
・10㎏:429元

【代行手数料】
なし

たおばお★ナビ

【たおばお★ナビのおすすめポイント】
✓直感的に操作できる注文管理ページを用意
✓スマホアプリで注文が可能
✓サイトではタオバオ等の最新情報も掲載

【国際配送料】
・最初の500g:175元
・500g以降:15元~
・10㎏:770元

【代行手数料】
・購入店舗2業者以下:無料
・購入店舗3業者以上:1万円未満500円、1万円以上5%

シーレル

【シーレルのおすすめポイント】
✓独自のWEB受注システムが便利
✓業界最安値のFBA直送航空便
✓Amazon画像お任せサービス

【国際配送料】
・最初の500g
・500g以降
・10㎏

【代行手数料】
一般会員
・30,000円未満:3,500円
・30,000円以上:8%

パートナーシップ会員
・商品代金に関わらず一律で商品代金の6%

【料金プラン】
・一般会員 月額利用料0円
・パートナーシップ会員 月額利用料12,800円

中国輸入代行HAM

【中国輸入代行HAMのおすすめポイント】
✓商品一つ一つ開梱して丁寧に検査
✓現地に中国人スタッフを配置
✓トラブルを迅速に解決
✓再見積・質問に何度でも対応可能

【国際配送料】
・最初の500g:94元
・500g以降:5元~18元
・10㎏:408元

【代行手数料】
・初回無料
・購入、開梱検査プラン:10%
・購入、簡易検査プラン:7%

淘太郎

【淘太郎のおすすめポイント】
✓経験豊富なスタッフ
✓オーダー状態をリアルタイムで確認できる
✓簡易検品・再梱包が無料

【国際配送料】
・最初の500g:76元
・500g以降:16元~33元
・10㎏:333元

【代行手数料】
・商品代金の5%

【料金プラン】
・月額会費 30,000円

普天

【普天のおすすめポイント】
✓タオバオに精通したスタッフによる強力サポート
✓仕入れに関する疑問や相談にも完全サポート
✓購入店舗吸う、購入商品数の制限なし

【国際配送料】
・最初の500g:65元
・500g以降:19元
・10㎏:426元

【代行手数料】
・1,000元未満:2640円
・1,000元以上5,000元未満:12%
・5,000元以上10,000元未満:10%
・10,000元以上30,000元未満:8%
・30,000元以上70,000元未満:7%
・70,000元以上:6%

初めての中国輸入はイーウーマートがおすすめ!

いかがでしたか?

数十社もある代行業者から、
今回は11社に絞ってご紹介してきました。

その中でも、「イーウーマート」
初心者にも使いやすく
おススメの代行業者です。

利用料も安く、
日本人向けのサポートがしっかりしている
ので安心できます。

また、独自の管理ページで発注でき、
リアルタイムで状況が分かるのも
ユーザーとしては有難いですよね。

その他の代行業者も
おすすめできる所ばかりです。
イーウーマートを基準に比較してみて、
あなたに最適な代行業者を
見つけてくださいね!

HIRO
数ある中からおススメのイーウーマートでOEMを製造する方法はこちらから!

関連記事

  1. せどりツールを使って効率よく稼ぐ!知っておいて欲しい便利なツール!

  2. イーウーマートが選ばれる理由や国際送料・配送方法・注意点とは?

  3. せどりで失敗しないためのモノレートの見方と注意点まとめ!

  4. メルカリのツールは危険?ツールのメリット・デメリットを紹介します!

  5. Amazon転売(せどり)で使えるオススメなツールは?用途別に紹介!

  6. イーウーマートで使える支払い方法は?イーウーマート決済方法まとめ

  7. リサーチ時間が10分の1!?モノレートリンクを商品ページに表示させる方…

  8. Amazon刈り取りで使うべきツールはたったの1個という事実!