iPhoneやスマホの転売で儲かる方法とは?おすすめ商品3選も紹介!

1人一台スマホを持つ時代となっており
スマホへの需要はかなり多くなってきています。

そのスマホですが、実は転売して稼ぐことが可能です!
パソコンiPhoneなどの精密機械は
知識がないと転売できないのでは?

と思う方もいらっしゃると思いますが、

実は、
スマホ転売は特別なスキルも必要なく
大きな利益も狙える転売手法
となります。

そこで今回はスマホ転売で
稼ぐための具体的な方法をご紹介します!

ぜひご参考にしていただければと思います。

よく聞くiPhoneやスマホの白ロムとはそもそも何か?

そもそも白ロムとは何かと言いますと、

「SIMカードが挿入されていない状態の携帯端末」
のことを言います。

通常通りに携帯をソフトバンクやau、ドコモなどで
契約した際は、携帯電話回線の契約情報(電話番号)が
内蔵されているSIMカードが挿入されています。

リサイクルショップやオンラインショップで
端末だけを購入すると、SIMカードが挿入されていない端末

「白ロム」

を購入することが出来ます。

近年では、格安のSIMカードが続々と登場しているので、
白ロムを購入する人が増えているのが現状です。

白ロムとは反対に、SIMカードが挿入されている端末で
電話番号がある端末を「黒ロム」と言います。

その他にも、端末を毎月分割で購入し、
分割で支払い中に端末を売却し、更に分割代金を支払わない場合、
その端末自身にネットワーク制限をかけて
通信することが出来ないようにする状態の「赤ロム」も存在します。

白ロムではない黒ロムや赤ロムを仕入れてしまうと
とても厄介なことになってしまうので、
黒ロムと赤ロムに関しては仕入れる際のポイント
詳しく紹介していきたいと思います。

スマホを転売する上でのメリットとは?

需要が高く転売しやすい

今の世の中、スマホは欠かすことの出来ない必須アイテムです。
逆にスマホを持っていない人の方が少ないのではないでしょうか?

それだけ皆が持ち歩いている物で、生活に密着している物なので
市場規模がとても大きく、需要もとても多いのです

それだけ需要が高いということは、売れ残ってしまうリスクが少なく
高回転で安定して稼ぐことが出来るという大きなメリットがあります。

単価が高いため利益が大きくなる

スマホの種類は様々ありますが、
スマホの代表格「iPhone」ですと

話題の最新iPhone XSは112,800円
iPhone XS Maxは124,800円とiPhoneの価格は
10万円を超えることが当たり前の世の中となっています。

iPhone以外のスマホも、1台あたり数万円はするため
安く仕入れられるほど1回の売上だけで利益数万円を
得ることも可能です。

仕入れがしやすく取り組みやすい

また白ロムは、
リサイクルショップオンラインショップなど
販売している所が数多くあるので、とても仕入れやすいです。

電脳仕入れでおなじみのヤフオクでは、
様々なコンディションがありますがリサイクルショップよりも
さらに安く出品されていることもあるので、
電脳仕入れに取り組んでいる方には特におすすめのジャンルとなります。

スマホを転売する上でのデメリットとは?

商品の細かい検品作業に時間がかかってしまう

スマホ転売をする上で最も手間がかかってしまうと言っても
過言ではないのが、商品の検品作業や動作の確認です。

確認する項目がたくさんあるため、
どうしても時間を要してしまいます。

↓確認する項目↓

・画面が割れていないか
・正常に画面が表示されるか
・正常にカメラが作動するか
・正常にスピーカーが作動するか
・正常にライトが作動するか
・正常にタッチ機能や指紋認証が作動するか
・時々画面が落ちてしまうなどの不具合がないか

検品作業や動作確認が面倒だからと、
これらの確認を怠ってしまうと転売した後に

トラブルやクレームにも繋がってしまう可能性があります。

漏れのないように細心の注意を払いましょう。

赤ロムや黒ロムを仕入れてしまうリスクがある

スマホや携帯には
「白ロム」「赤ロム」「黒ロム」の3種類があります。

まず白ロムは、SIMカードが刺さっていない状態の携帯端末なので、
契約情報が記録されていない端末となります。

赤ロムは、割賦販売で購入された端末が支払い完了の前に
中古品として流通して、そのあとに分割支払いの支払い漏れなどが要因で
利用停止とされた端末のことを言います。

赤ロムの携帯を購入しても、新しいSIMカードを利用することは出来ず、
通話回線やデータ通信など全て利用することが出来ません。

誤って赤ロムのスマホを仕入れて販売してしまうと、
購入者からのクレームにも繋がりやすい商品なので、

絶対に赤ロムは仕入れないように注意しましょう。

また黒ロムは、既に契約情報が書き込まれていて
利用可能な状態となった端末のことを示します。

スマホで言うと既にSIMカードが挿入された状態のものを表します。
ちなみに黒ロムは、通信回線を提供しているキャリアのSIMしか
利用出来ないよう規制されている端末です。

このようなスマホや携帯電話に関する
予備知識がないまま赤ロムや黒ロムのものを
間違えて仕入れてしまうリスク
があります。

ヤフオクなどのオークションサイトでは、
赤ロムを白ロムだと偽って販売している人も中には存在します。

スマホや携帯電話の転売(せどり)をする際は、
白ロム以外にも、赤ロムや黒ロムが存在するということを
しっかり認識した上で取り組むと、
損失を未然に防ぐことが出来るということです。

スマホ転売をする上で仕入れる際のポイント

付属品の有無を確認すること

これはゲーム機器などと同様ですが、販売する際に
正規品の外箱や各付属品がきちんと揃っている方が、
売れやすくもなりますし、高額で販売することも出来ます。

それだけ付属品の確認は重要です。
メーカーにもよりますが、純正のUSBケーブルだけしか
充電することが出来ないなど、
社外品が利用できないよう対策している商品もあるので、
事前にその情報を調べておく必要があります。

また、外箱をはじめとした付属品が揃った状態の商品というのは、
盗難品の可能性が極めて低いといえます。

しかしキャリアによっては、端末の修理サービスを利用した端末は
修理された時点で製造番号が変わってしまいます。

こうなってしまうと、付属品の外箱は購入時の端末の製造番号だけど
端末本体は修理された後の新しい製造番号になってしまい
結果、付属品と本体端末の製造番号が不一致となってしまいます。

こうなってしまうとあてにならなくなってしまいますが、
付属品と本体の製造番号が一致していると、
なお盗難品のリスクが下がるという認識をしておくと良いでしょう。

動作の確認を忘れないこと

中古品を取り扱う上で、商品のコンディションを
説明文に細かく掲載することが重要ですが、
誤った表記や曖昧な言い回しをしてしまうと
購入者からのクレームの元となってしまいます。

ですので、付属品の確認と同じように
動作の確認も怠らないようにしましょう。

まずは傷があるかどうかを細かく確認しましょう。
特に液晶箇所に微細な傷でもあるとクレームに繋がってしまうので、
より一層シビアに確認するようにしましょう。

その他にも、
バッテリーがどれだけ持つかどうか
も確認すべき重要なポイントです。

充電が満タンな状態から1時間も経たないうちに
電源が落ちてしまうなんて商品を販売してしまうと、
これもまたお客様からのクレームに繋がります。

ある程度充電してみて、数分操作してみたときの
バッテリーの減り具合や、数十分放置した後
どれだけバッテリーが減るかを確認してみて、
その結果を紹介文に掲載するようにしましょう。

出品者の評価を確認すること

こちらは、オークションサイトから仕入れる場合に限定されますが、
出品者の評価数や、評価数のうち良い評価がどれだけなのか、
悪い評価がどれだけあるかを確認すると良いでしょう。

悪い評価の内容が些細な間違い程度で、
その数が少ないのであれば問題ではないのですが、
落札者と揉めているような印象の良くない理由での
悪い評価が多い出品者からの仕入れは避けた方が無難でしょう。

また、良い評価が97%ほどであれば、信用出来る出品者といえます。
出品数がまだ少ない出品者であれば、99%ほどあれば
限りなくトラブルは少なくなるといえます。

どんなスマホが儲かるのか?おすすめのスマホ商材3選

iPhone

特にスマホの中でも使いやすさNo.1!
と言える種類であると言っても過言ではないのが「iPhone」です。

子供からお年寄りまで幅広く利用されている機種なので、
回転率も非常に高い種類となります。

特に回転率の高い種類は「iPhone5s」などの
古い機種のものになります。

その他にもiPhone6、7、8などの種類も
回転率はiPhone5sほどではないですが、
利益が出しやすく儲かりやすい商品です。

ちなみにiPhone5sは、SIMフリー化されていませんが、
Softbank、au、docomoそれぞれの回線を利用している
格安のSIMカードを利用することが出来る機種です。

つまり、
Softbankから発売されたiPhone5sは
Softbankの回線のみ、

docomoから発売されたiPhone5sは
docomoの回線のみ。

ということでね!
そういうものだと覚えておきましょう。

SIMフリーのスマホ

次に、SIMフリーのスマホがおすすめです!

SIMフリーのスマホの魅力といえば、なんと言っても
キャリア問わず様々な格安SIMを利用することができ
海外旅行をする際に、現地の空港でSIMを購入して
利用することができるという大きなメリットがあります。

海外だけではなく、日本国内で格安SIMを利用する場合、
月額1,500円程でスマホの利用が可能なので、
今とても人気のある契約方法です。

キャリアでスマホを契約している方も
大勢いらっしゃる事は確かです。

そのような方も、スマホの買い換えを検討する際に
SIMフリーのスマホを視野に入れる方もいらっしゃるため、
継続的に販売することができます。

このようにSIMフリーのスマホはメリットが多いので
とても人気がありますね!

Zenfoneシリーズ

「Zenfone」シリーズは、SIMフリーのスマホの中でも
特に人気のある機種です!

台湾の家電メーカー「ASUS(エイスース)」
の人気シリーズです。

ASUSは、高性能かつ価格が手頃なスマホが売りとなっていて、
iPhoneが10万円前後に価格であるのに対して、
Zenfoneは2~3万円程度からでも購入することが出来ます。

スマホ転売をする上でやってはいけない違法行為について

携帯電話の代理購入

近年「携帯電話の代理購入」といった高額アルバイトの
求人が多く流出しています。

これはキャッシュバックキャンペーン
取り扱っている店舗へ行って、
携帯電話を複数台契約するだけのアルバイトです。

数万円といった高額報酬を即日で手に入るという点から、
若者を中心にターゲットとしている傾向があります。

一日たった数時間で数万円手に入るからと
魅力に思うかもしれませんが、

携帯の代理購入は立派な詐欺行為に相当します。

契約してきた携帯端末をそのまま雇い主に譲るという行為は、
「携帯電話不正利用防止法」
に違反する違法行為となります。

バイト代が簡単にもらえる!という甘い言葉につられて、
詐欺行為に加担しないよう注意が必要です。

通話可能な携帯端末の転売

こちらは、携帯電話会社と契約を交わしている
通話機能が利用できる携帯電話の転売は
認められていない
ということです。

なぜこのような決まりがあるのかというと、
携帯電話が犯罪などの不正目的で悪用されることを
未然に防ぐために、

「携帯電話不正利用防止法」

によって、譲渡や譲り受けが規制されているのです。

具体的に、自分自身が契約を交わしている
携帯電話を他の人に譲り渡すには、親族の方などに
譲渡する場合を除き、契約した携帯電話会社に
事前に承諾を
もらわなければいけません。

このことを省略して譲渡してしまうと、
違反とみなされ刑事罰が科せられてしまいます。

また、SIMカードを契約会社の承諾をもらわないまま
売買したり譲渡をすると50万円以下の罰金
支払わなければならなくなります。

この行為を事業として行った場合、
2年以下の懲役または300万円以下の罰金刑
となってしまいます。

契約済みの端末やSIMカードを譲渡するという行為は、
重大な犯罪であり、絶対にやってはいけない行為であると
認識しておきましょう。

それでは、スマホ転売については以上になります。

最後までご覧下さり、ありがとうございました。

A子
スマホ転売のメリット・デメリットはわかりましたか?難しい事もあったと思いますが、それも含めて次は転売でおすすめするカテゴリーの解説に行きましょう!

 

関連記事

  1. メルカリ無在庫転売は稼げる?無在庫転売のメリットとデメリット

  2. Amazon輸入実践の書!輸入初心者から月収200万稼ぐ方法

  3. 注目の化粧品転売!おすすめの商品や注意点とは?

  4. メルカリでチケットを出品するのはNG!?知らないと怖いチケットの販売方…

  5. amazonで通報されると大変なことに!?通報されないための方法とは?…

  6. メルカリで必ず売れるようになる!メルカリで儲けるコツはこれ!

  7. ラクマで売れない商品を売れるようにした3つの方法について

  8. ラクマの評判や如何に?フリマアプリはラクマが定番に!