せどり初心者が知っておきたい失敗例!Amazon転売で失敗しないためには?

せどりをしていて利益が出る商品を見つけた時ってすごい嬉しいですよね?

特に始めて間もない時は興奮してすぐに仕入れたくなるのですが、

そんな時こそ要注意です!

仕入れたけど価格が下がって結局利益が出なくなったり

そもそも出品規制で販売できなかったりと。

せどりで失敗した経験はありませんか?

特に資金の少ない方にとっては一つ一つの仕入れで

失敗したくないものですよね。

あらかじめ間違えやすい失敗を知っておく事で

事前に回避することも可能です。

そこで今回はせどり初心者が間違えやすい失敗

失敗しないために意識すべき事をまとめましたので

ぜひご参考にしていただければと思います。

せどり初心者が間違えやすい失敗例6選

まずはせどり初心者が間違えやすい失敗例を6つご紹介したします。

せどりはキャッシュフローが非常に大事になってくるため

資金に余裕がない方はデッドストックとならないように

極力仕入れで失敗しないようにしていきましょう!

「ランキングが高い=売れている」とは限らない

Amazon転売に参入した人に対して、ほとんどの情報発信者の方は

モノレートの見方」を最初に教えると思います。

これはモノレートの見方が仕入れ判断の最重要ポイントだからなのですが

モノレートの見方で一番多い間違いが、「ランキング」です。

例えばこちらの商品、ゲームランキングで”3175位”です。

あなただったらこちらの商品を仕入れますか?

一般的にはランキングは高い方だと思います。

ではその中身はというと…

3ヶ月でたった5個しか売れていません。

このように「ランキングが高い=売れている」というのは

必ずしも言い切れないので、必ず3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月でどれくらい売れているのか?

をしっかりと確認するようにしましょう!

価格差だけで仕入れて結局在庫処分

仕入れ判断でよく間違えやすいのが「価格差」だけで仕入れてしまうケースです。

例えばこちらの商品を4万で仕入れることができるとします。

あなただったらこの商品を仕入れますか?

実はこの商品、8万円前後では99%売れないと言えます。

何故そのような事が言えるのかというと、全てはモノレートで説明がつきます。

ではモノレートの詳しい中身を見ていきましょう。

価格相場を見ていただけると分かると思いますが

新品の値段が急激に上がっているのが分かります。

本来この商品の適正価格は5千円前後なので

出品者がオレ様価格で出品しているに過ぎず

過去に一度も8万円前後で売れた形跡がありません。

 

このようにAmazon価格が一時的に高くなっているだけなので

本当にその値段で売れているのか?を確認する必要があります。

もし仕入れてしまった場合には在庫として残しておくのではなく

値段を下げて売り切るか、リサイクルショップなどで売ってしまいましょう。

価格差があるからといってすぐに仕入れずに

モノレートを見るクセをつけておきましょう!

手数料や送料はあらかじめ計算しておこう

モノレートを見てしっかりと売れていることを確認し、

さらにその商品の適正価格を見て売れる値段も分かった…

しかし仕入れるにはまだ早いです!

 

Amazonで販売するにあたって絶対に忘れてはいけないものがあります!

それは手数料と送料です!

Amazonで販売を行う場合、Amazonの看板を借りることになるので

販売する際にかかる「販売手数料」とFBAの利用にかかる「FBA手数料」があります。

またFBAを使う場合FBAの倉庫に送るまでにかかる配送料が発生します。

では順番に見ていきましょう。

販売手数料

Amazonの販売手数料はカテゴリー毎に違い

高いものでは45%の販売手数料が発生します。

また本・ミュージック・ビデオ・DVDのカテゴリーは販売手数料とは別に

カテゴリー成約料がかかるので注意が必要です。

 

カテゴリーによって手数料が数%違ってくるので

当時予定していた利益率よりも低くなってしまいかねません。

仕入れる際はどのカテゴリーに該当し、何%販売手数料が取られるか

事前に確認しておきましょう!

FBA利用手数料

販売手数料の他にもう一つ大きな手数料がFBAの利用手数料です。

FBA(フルフィルメント by Amazon)とは商品の保管、注文処理、配送、返品などを

代行してくれるサービスでAmazon転売最大のメリットとなります。

FBAの手数料は「配送代行手数料」と「在庫保管手数料」の2つから構成されます。

両者とも商品のサイズや重量、保管日数などによって料金が異なります。

商品区分

配送代行手数料(小型・標準・大型)

配送代行手数料(高額商品・小型で低単価の商品)

在庫保管手数料

特に大型商品をFBAで販売する場合、

配送代行手数料は小型や標準に比べてかなり高いので

仕入れる際はFBA料金シュミレーターで手数料を計算しておきましょう!

FBA倉庫に送る配送料

最後にAmazonの手数料ではありませんが、

商品をFBAの倉庫に発送する際にかかる配送料です。

ヤマトや佐川、郵便局といった大手配送業者がほぼ同時期に値上げをしたため

配送料はさらに圧迫する形となりました。

各配送業者の関東発の料金表で見て見ると、ほとんど料金は一緒です。

ヤマト

佐川

郵便局

配送料も商品のサイズや重量が大きくなればなるほどコストがかかりますので

仕入れる際は配送料も忘れずに利益計算をするようにしましょう!

販売できない商品を仕入れて返品するハメに

AmazonではAmazonが出品規制をしている商品を

出品する事ができません。

主に出品許可が必要なカテゴリーは以下の4つになります。

・Amazon限定商品の出品
・イタリア製品
・ストリーミングメディアプレーヤー
・出品許可が必要なカテゴリー

となっています。

以前はドラッグストアや食品・飲料、ペット用品など

出品許可申請が必要なものがほとんどでしたが

2018年7月現在はほとんど申請がいらないようです。

ただし、PanasonicやCanonといったメーカー毎もしくは

ASIN毎の出品許可申請が必要になる場合があるので注意が必要です。

仕入れる商品が出品できるかどうかをあらかじめ確認しておきましょう!

出品許可が必要な商品には商品登録画面で「出品許可申請

と表示されますので、確認しておきましょう。

※ここ最近Amazonの出品許可が緩くなっているのか、
「出品許可申請」ボタンを押すだけで申請が承認されるケースがあるようなので
利益の出る商品が見つかったら「出品許可申請」ボタンを試しに押して見ると良いでしょう。

仕入れた商品が偽物だった

有名な店舗やネットで仕入れる場合は偽物ということはまずありえませんが

個人が出品しているヤフオクやメルカリといったサイトで仕入れる場合は要注意です。

偽物と知らずに出品している可能性もありますが

偽物だと分かってうえで販売する悪質な業者もいたりします。

仮に偽物を仕入れてしまった場合は販売者に責任が問われますので

仕入れる際は十分に注意が必要です。

実際に偽物を購入し民事裁判になる寸前までになった話もまとめていますので

こちらの記事も一度確認しておく事をオススメします。

販売価格の設定は要注意

最後に初心者やベテランに関わらずやってしまうミスが

価格設定の間違いによるミスです。

0を一個少なく設定してしまうなど大きな損失に繋がってしまうので注意しましょう!

大幅な金額の価格改定があった場合、価格改定ミスと判断され

Amazon側で自動で出品が停止され、メールで通知がきます。

ただし価格改定ツールを使っている人は注意が必要です。

下限設定を設定しておかないと、どこまでも値段が下がってしまうので

ツールを使う場合は必ず下限設定をしておきましょう!

Amazon転売で失敗しないためにはどうしたら良い?

ではAmazon転売で失敗しないためにはどうしたら良いでしょうか?

結論から言いますと、失敗をしないという事はまずありえません!

月収100万円、1千万円、1億円と稼いでいる人でさえ、

失敗を経験したり、時には大きな損失を出してしまう事もあります。

とは言え、特に資金の少ない方は極力損失をできるだけ出さないようにしたいと思います。

では失敗をできるだけ少なくするためにはどうしていけば良いでしょうか?

何故失敗したのかを分析しよう!

Amazon転売に限らず失敗してしまったら、失敗した後が肝心です!

何故失敗してしまったのか?

失敗しないためにはどうしたら良いか?

と失敗した原因を分析し次から失敗しないように対策をする事が必要です。

小さなミスでも積み重なれば大きなミスに繋がってしまう事にもなりますので

失敗が多いと感じたら失敗した原因を分析してみよう!

仕入れる際は根拠を持って仕入れを行おう!

Amazon転売で最も多い失敗が

価格競争で利益が出なくなってしまった。

出品者が増えて全然売れなくなってしまった。

といった”仕入れ”に関する失敗だと思います。

では仕入れで最も重要な事はというと、

必ず”根拠を持って仕入れる”という事です。

価格差があるから、出品者が少ないから。

といった抽象的な根拠ではなく、

もっと具体的な根拠を持って仕入れを行いましょう

例えば

”この商品はプライムの出品者が◯人で月の販売個数◯個だから◯個仕入れできる。
だけどモノレートユーザーの数が◯人いるから値段も回転も下がりそう。
だから◯個だけ仕入れていついつまでに売れば利益は〇〇円出るから仕入れよう”

と必ず根拠を持って仕入れるようにしましょう。

モノレートの見方をマスターしよう!

Amazon転売で結果を出せるか出せないかはモノレートの見方で決まってくる

と言っても過言ではありません。

もし仕入れでうまくいかないと思った時はまずモノレートの見方を見直そう!

モノレートの見方さえマスターできれば

価格競争に巻き込まれにくくなったり、売れ残るということも回避できます。

こちらのサイトでも仕入れで失敗しないためのモノレートの見方をまとめていますので

こちらの記事から参考にしていただければと思います。

 

いかがでしたか?

失敗はどんなに気をつけていても起こってしまう可能性があります。

しかし失敗が起こったらそのままにせずしっかりと失敗しないための

対策をしていきましょう!

失敗を次に活かしていかないと、いつまでたっても失敗の連続になってしまいます!

失敗した時こそ稼ぐチャンスがある事を頭に入れておきましょう!

関連記事

  1. ラクマの評判や如何に?フリマアプリはラクマが定番に!

  2. メルカリで売れない原因を徹底解明。売れるようにするポイントとは。

  3. プルームテックの転売で稼ぐ方法は簡単!とりあえずやってみれ!

  4. スイッチの転売は違法なのか?対策や稼ぎ方とは

  5. Amazon刈り取りは規約違反!?規制と対策について徹底解説!

  6. PSVRの転売は儲かる!?転売屋の現状と今後の対策

  7. ハードオフ転売で稼ぐには⚪⚪を仕入れよう!…

  8. メルカリでチケットを出品するのはNG!?知らないと怖いチケットの販売方…