Amazon刈り取りで使うべきツールはたったの1個という事実!

せどらーなら、Amazon刈り取りという言葉を
一度は聞いたことがあると思います。

そんなAmazon刈り取りですが
要約すると、このようなことを言います。

・Amazonから商品を購入

・購入した商品を販売する

・安く買って通常価格で販売する

 

一例をあげるとこのような商品があります。

 

↓価格推移はこんな感じ↓

赤枠の所が高く売れている時期

青枠の所が安売っている時期

になります。
青枠のタイミングで商品を購入して
赤枠のタイミングで売る事ができれば
利益を出す事ができますね!

今回はそんなAmazon刈り取りについて
丁寧に解説させて頂きます!

Amazon刈り取りについて

Amaznから商品を購入し販売する事

Amazon刈り取りというのは書いてあるとおり
Amazonから商品を購入し、販売する事です。

ただ、このAmazon刈り取りですが
Amazonの明確な規約変更があり
実は現在はできなくなっています。

  1. 個人(個人事業主を除く)から仕入れた商品
  2. メーカーが提供する保証がある場合、
    保証期間その他の条件において、
    メーカーの正規販売店同等のメーカー保証を
    購入者が受けられない商品
  3. Amazon.co.jp上で仕入れられた商品
    =Amazon刈り取りができない・禁止

引用元:コンディションガイドライン

ガイドラインにもありますが
Amazonで購入した商品を、
Amazonで販売する事は現在はできません。

このような現状ですので
どのような対策をとるべきか?
下記に明記させて頂きます。

・新品で刈り取って「ほぼ新品」で出品
・販路を変えてヤフー等で販売する
・法人で購入してセラーに販売する

対策としては上記に書いたとうりです。
では、それらを一つずつ紐といていきます。

新品 ⇒ ほぼ新品販売について

まずこれは、新品で刈り取った商品を
規約に違反しないように中古で販売する。
と、いう事です。

中古品については、特に何の規約変更もなく
普通に販売可能です。

ですので、Amazon刈り取りを行う場合
新品で購入した商品は「ほぼ新品」で
出品する事をおススメします。
ただ、あまり価格差がでない可能性が高く
現実的ではないと思います。

販路を変えて販売について

これはAmazonで刈り取った商品を
ヤフーショッピングや、楽天で出品する
という方法になります。

ヤフーや楽天等で販路を変えるて販売するのは
両プラットフォーム的にも問題ありません。
アカウントを持っている方は
そのような手法も取れますのでおススメです!

また両プラットフォーム共に
個人事業主以上ではないと開設できないので
個人事業主以上の方は是非トライしてください。

法人アカウント購入でセラーに販売について

これは法人経営している方向けの内容です。
(個人事業主でも別にOK)

方法をわかりやすく書いておきます。

1,販売アカウントとは別で購入
2,購入したアカウントで販売者に販売
3,ちゃんとした請求書を出す
4,新品で出品する

上記の流れになります。
今回のポイントは何か?というと
一応Amazonの規約を守っている

という点です。

Amazonはあくまで
下記を守る必要があります。

実態としては、Amazonで仕入れているのですが
個人事業主以上から仕入れることで
一応、大丈夫になります(笑)

参考までにトライしてみてください。

刈り取りノウハウについて

では、ここから刈り取りノウハウについて
丁寧に解説していきたいと思います。

ノウハウの全体図を書かせて頂きます。

1,刈り取りをしているセラーを見つける
2,ライバルセラー商品をKeepa登録
3,結果を精査していく
4,登録解除 or 継続

ノウハウの全体図としては、このような流れになります。

1,【商品の見つけ方について】
まずは刈り取り対象商品を見つけましょう!
例えば先程あげた商品を例にあげてみます。

↓新品の出品をクリック↓

 

 

↓新品の出品をクリック↓

この時、Amazon本体は
取扱商品が見れないので
ライバルセラーでプライム出品者を
見るようにしましょう。

 

↓ストアフロントチェック↓

この流で、ライバルの商品を見る事ができます。
あとはKeepaに商品をどんどん登録しましょう!

Keepaについては、後程説明させて頂きます。

そもそもどんな商品が刈り取り対象なのか?

刈り取り対象商品はこのような商品です。

・自己発送とFBA価格で価格差がある
・プレ値でAmazonやセラーの在庫復活
・廃盤でAmazonやセラーの在庫復活
・セラーの価格改定ミス
・価格競争で値下がりした商品
・アマゾンのセール品(値下げ品)

上記の商品が購入対象になってきます。

対象商品の購入方法については
また詳しく書かせて頂きます。

Amazon刈り取りツールはKeepaを使おう!

Keepaの使い方を図解します

1、追跡したい商品を見つける。
(追跡したい商品例は下記のようなもの)

2、商品のトラッキングを開始する

3、トラッキング開始をクリックし
通知先を登録しておく。

これだけです。
指定した価格以下になった時に
指定した通知先に連絡が来るようになります。

使いやすい通知先はメールアドレスですので
Keepa専用のメールアドレス等を用意すると
管理が簡単になると思います。

なぜKeepaを使う必要があるのか?

Keepaを使う理由はとても簡単です。

・使い方が簡単
・通知機能が早い
・UIが綺麗で使いやすい

通知ツール系は沢山ありますが
Amazonの安くなっている商品を購入するのは
間違いなくKeepaが良いと思います。

類似ツールにcamelcamelcamel
というものもありますが
そちらより、圧倒的に使いやすいです。

また、インポート機能により
商品登録が一気に行えます。
これはまた後程解説させて頂きます。

Keepa以外のツールはあるのか?

Keepa以外のツールは
Shop ding dongというツールがお勧めです。

こちらのツールは無料で使えるツールで
どういう事ができるか?というと

・様々なモールの自動購入が可能!
・注文のタスク管理機能
・全機能が無料で使える!

という感じです。

様々なモールに対応していますし
無料ですので、使ってみても良いと思います。

Amazon刈り取りで使うKeepaの超時短ノウハウ

ご紹介する方法はKeepa登録の
超時短ノウハウになります。

1点1点登録するのがめんどくさいので
一気に登録できる方法
お伝えさせて頂きます。

Amazonほしいものリストを使おう

まず、流れは下記の流れになります。

1,ほしい物リストを作成する
2,ほしい物リスト「公開」する
3,URLをコピーする
4,そのURLをKeepaにインポート
5,一括で条件を登録する

という流れになります。

文字だけだとわかりにくいと思うので
こちらも画像で解説させて頂きます。

1,ほしい物リストを作成する
(番号順にクリックしてください)

2,ほしい物リスト「公開」する

3,URLをコピーする

4,そのURLをKeepaにインポート
Keepaサイトにアクセスしましょう!

5,一括で条件を登録する
(任意の数字をいれてください)

登録の流れはこれだけです。
とても簡単ですね!

あとはライバルセラーから商品を登録して
一括でインポート処理をするだけですね!

商品登録に億劫になっている方は
是非ともこの方法で登録してください。
数倍早く作業できると思います。

一括登録の注意点とルールについて

一括登録をすると、大量に商品を登録するので
Keepaサイト側からアクセス制限を
受ける可能性があります。

ですので、最初は100くらいを
まとめて登録してみましょう!
明確に数字ベースで開示できないのは
サイトの仕様上、変更点があるからです。

ですので、まずは100点登録してみて
アクセス制限を受けないかテストしましょう!

また、Keepa登録は原則1アカウントにつき
10000点までの登録しかできません。
複数アカウントがダメという事ではないので
沢山登録する場合は
2アカウント、3アカウント,,,と
アカウントを増やしていきましょう!

Amazon刈り取りツールは結局必要なのか?

ここまでAmazon刈り取りのツールについて
色々と解説させて頂きました。

ツールについて、正直な意見ですが
Keepaだけで十分だと思います。

ただ、日本アマゾンでの刈り取りは
少し実践しにくいと個人的には思います。
ただ、今回のノウハウを使い
海外Amazon輸入に活かすことは
非常に良いと思います。

Amazon輸入のノウハウも
海外Amazon ⇒ 日本Amazon
という流れですので
応用して使ってみると良と思います。

また、海外のAmazonは欧米だけではなく
イタリアやイギリス、中国もあります。

圧倒的に仕入れ先が多いので
今回のKeepa登録×海外Amazonは
仕組みさえ作れば月収200万も
充分に可能だと思いました。

是非トライしてみてください!

デリア
ということで、Amazon輸入実践の書はこちらに書かせて頂きました!合わせてご覧ください♪

関連記事

  1. 中国輸入の代行会社イーウーマートの評判は?代行会社の選ぶポイントもご紹…

  2. メルカリのツールは危険?ツールのメリット・デメリットを紹介します!

  3. 中国輸入をするならイーウーマートがおすすめ!その理由と使い方とは?

  4. Amazon転売(せどり)で使えるオススメなツールは?用途別に紹介!

  5. ヤフオクの出品代行で実際におすすめできる3つのサービス

  6. 初心者でも簡単!モノレートを賢く使いこなすアプリの紹介!

  7. 電脳せどりの効率化。時短のためのツールを紹介します。

  8. 輸入代行業者の失敗しない選び方とは?長く付き合える会社の基準