海外の仕入れサイトで安定利益!ポイントも貯まる仕入術とは?

この記事をご覧頂いている方は、海外の仕入サイトで仕入れたいと思ってご覧頂いていると思います。

海外の仕入れサイトは沢山の種類がありまして、場合によっては偽物を販売している所や、そもそも発送すらしてこない悪質なサイトもあります。

とはいえ、利益率はやはり高く転売中級者の方なら使っていきたい所ですよね。

今回はそんな海外の仕入れサイトについて今回は解説させて頂きます。

なる
海外の仕入れサイトを攻略して自分だけの安定仕入れ商品を見つけて行きましょう!

 

海外の仕入れサイトがオススメな理由

まず、あなたは海外のサイトで仕入れをしたことはありますか?

転売の手法で「海外仕入れ」「直取」と言われる手法があります。

海外での仕入れ方法を身につければ、ライバルとの差別化が可能ですので今回の記事を最後まで読んでぜひスキルを身に付けて下さい。

海外の仕入れサイトがオススメな理由

それでは海外の仕入れサイトがなぜオススメなのか、なぜ差別化ができるのか。

それはずばり参入障壁の高さが挙げられます。

参入障壁が高いというのはその市場に介入するにあたり、クリアする項目が多い。

クリアする項目が多い=大勢がやりたがらない

ということです。

ではなぜ参入障壁が高いのか。このような理由が挙げられます。

言葉が通じない

大勢の方がまずここでつまづきます。

英語が堪能であればまだしも、英語がわからなかったら取引どころの話ではありません。。

つまり言葉が通じない相手とやり取りをするっていうのは、意思の疎通ができないので不安でしかないんです。

そこがまず差別化できるポイントです。

荷物が届くか不安

似たような理由としては「詐欺に合うかもしれない」など。

取引をする相手が海外なので、どんな人が販売しているかもわからないし、

ちゃんと送ってくれているか、荷物がちゃんと届くのか、など。

こちらも大きな不安材料となり、差別化できるポイントです。

送料が高そう。他にかかる経費は?

海外から送ってくるので、当然送料は日本国内に比べて割高になってしまいます。

さらには他にかかる費用や、商品によっては法律面でクリアしないといけないことも出てきます。

そんな諸費用が予想以上にかかってしまっては、利益の出る商品も出なくなってしまいます。

それをクリアする方法さえ覚えてしまえば、国内転売のみを行っているライバルから頭ひとつ抜けることができます。

上記のような不安材料さえクリアしてしまえば、海外の仕入れが圧倒的に簡単になります。

一回やってみると意外とすんなり行くことも多いので、まずは実践してみて下さい。

なる
実は難しいと思いがちですが、そうでもないという事実です。次は海外サイトのメリット・デメリットをみていきましょう!

海外仕入れのメリットとデメリット

続いてメリットとデメリットに分けて、どういった方法に絞っていけばよいか説明していきます。

海外仕入れのメリット

まずはメリットですが、先程の参入障壁の高さを理由に

✓ライバルが少ない

✓高利益商品が多い

✓独占的に販売することができる

✓一度に大量に仕入れができる

上記の内容があげられます。

要約するとこういう事です。

独占的に利益がでる商品を販売しやすい

海外仕入れのデメリット

一方海外仕入れのデメリットですが、

✓言葉の壁

✓船便の場合、商品が届くまで時間がかかる

✓大量注文した場合、高回転商品じゃないとキャッシュフローが悪くなる

✓商品代金+送料+その他諸費用がかかる

ということです。

では次に、これらの問題解決方法になります。

問題点の解決方法

デメリットはやはりありますが、解決方法があるので参考にして下さい。

言葉の壁

メールと対面はGoogle翻訳で案外大丈夫。

電話で本格的なやり取りをする場合は通訳は必須ですが、クラウドワークスやランサーズですぐに見つかります。

船便の場合、商品が届くまで時間がかかる

エアー(空便)にすれば納期は短縮されますが、送料が高くなります。

資金面と利益面のバランスを考えて判断しましょう。

大量注文した場合、高回転商品じゃないとキャッシュフローが悪くなる

1ヶ月で売り切れる程度の数量にして発注する必要があります。

また、カードで仕入れができる仕入れサイトと海外送金のみの会社をバランスよく使い分けるのも有効です。

商品代金+送料+その他諸費用がかかる

大量注文した場合や、商品によっては関税など諸費用が多めにかかる場合があります。

まずは薄利でも小さめのロットで注文して、売れ行きの様子を見るのがよいと思います。

なる
色々と考える必要がありますが、文字にしていると難しく感じるだけで、実際はそんなに難しいことはありません。

かんたんに仕入れができる海外サイトを紹介

海外で仕入れのできるサイトは多数ありますが、まずは初心者でも取り掛かりやすい簡単で代表的なサイトを紹介します。

Amazon

まず初心者でも仕入れがしやすい海外サイトと言うとAmazon.comが挙げられます。

✓使い方が簡単(日本Amazonとほぼ一緒)

✓クレジットカードが使える

✓商品によっては日本への直送も可能

✓ポイントの二重取りが可能

✓直取もできる

✓Keepaが使える

Amazon.comで仕入れて日本Amazonで販売できる商品はたくさんあります。

使い方が同じで、共通ASINも存在します。Keepaも使えるのでリサーチが断然楽です。また、クレジットカードで円建ての支払いができますし、約16000円以内の仕入れであれば関税はかかりません。直送サービスでも驚くほど送料が安いので仕入れ値の計算も簡単です。Ebatesというポイントサイトを経由すればポイント二重取りも可能です。

これは裏ワザ的な話ですが、決済の際はJPYで購入しないようにしましょう。必ずUSDで決済するようにしましょう。

同じ商品、同じ数量でもこれくらい変わってきます。

この記事を書いているのが丁度2019年4月2日でして、

ドル円の相場はこんな感じです。

ということで、Amazon.comで仕入れる際は、必ずUSDで決済する方がお得ということがわかりました。

ebay

続いて、世界一のオークションサイトebayになります。

✓クレジットカードが使える

✓商品によっては日本への直送が可能

✓ポイント二重取りが可能

✓ショップが出品していることが多い

✓輸入のみならず輸出も可能

✓高利益商品も狙える

Amazon.comと同様にクレジットカードが利用でき、RAKUTEN Rebatesというサイトを経由すればポイント二重取りが可能です。

ショップも多数出品しており、交渉の方法によっては直取が可能です。

また、輸入のみならず、出品すれば輸出も可能ですので、そちらで利益を狙うのも面白いと思います。

直取とは

転売をしていると直取というワードがよく出てきますが、下記の略語です。

直取=直接取引

なぜ、直接取引がいいのかと言うと、

出品者(セラー)はAmazonやebayで販売する以上、販売手数料や落札手数料といった類の手数料がかかります。例えば、Amazonで1000円の商品を販売した場合、10%の手数料が引かれるものとします。

1000円×10%=100円(販売手数料)

この商品が月間500個売れた場合

100円×500個=50000円(月間販売手数料)

この50000円はAmazonを利用している以上かならずかかってくる費用なのですが、Amazonを経由せずに直接取引を行った場合、500個買うのであれば、セラー側は50000円安くしても結果は同じなんです。

つまり仕入れる側からするとこの時点で月間50000円の利益を得ていることになります。

定期的に仕入れができるセラーは直接取引ができる場合が多いので交渉の余地ありです。

直接取引できる場合は必ずやっていきましょう!

仕入れでたまったポイントやマイルで海外旅行に行こう!

キャッシュレスが一般的になってきた昨今、普段の買い物や公共料金、ローンや税金までもがクレジットカードで支払いが出来る時代です。

なる
クレジットカードで仕入れを行うと、すごい勢いでポイントが貯まります!

クレジットカードによって特色がありますのでご自分に合ったカードを使うようにしましょう。

オススメのクレジットカード

クレジットカードの種類はたくさんあるので、どのカードを使うか悩む方も多いと思います。

普段ポイントをどういったことに使いたいかによって、仕入れに使うカードを選ぶことをおすすめします。

楽天カード

よくCMをしているのでご存知の方も多いと思いますが、楽天カードはオススメです。

 

楽天カードのここがオススメ

✓年会費無料

✓楽天系列のサイトで利用可能

✓楽天と提携している店舗でも利用可能

✓マイルなどその他のポイントへの変換が可能

楽天カードの良いところはやはり使える場所が多いことです。

楽天系列のサイトにはショッピング~旅行まで使える用途の幅が広いです。

そのためポイントを使って贅沢や好きなものを買ったりも出来るので、必須の1枚とも言えます。

マイルの貯まるカード

マイルの貯まるカードもオススメの1枚です。

マイルの貯まるカードのここがオススメ

✓飛行機にタダで乗れる

✓海外もお得に行ける

✓ビジネスクラスも超お得

マイルの貯まるカードは旅行好きに持って来いのカードです。

マイルってなに?

マイルとは飛行機チケット(航空券)の予約を取れるポイントです。

有名どころでいくとANAマイレージクラブやJALマイレージバンクがあります。

マイルでお得に旅行に行ける

マイルを使うと普通に飛行機に乗るよりお得に予約が取れます。

例えば東京→沖縄間の往復料金で比べます。

通常料金の場合

82220円になります。(早割などで割引することは可能です。)

同じ時期にマイルで予約を取ると

なんと14000マイルで行けます。

現金で行くよりマイルで予約を取った方がお得なことがおわかりでしょうか。

還元率1%のカードで140万円分利用すれば東京→沖縄間をタダで行けることになります。

140万円カードを使うことはあまりなくても、140万円分の仕入れとなると案外すぐいきます。

ビジネスクラスを予約する場合はさらにお得になり、海外旅行など長距離フライトがある場合にマイルは大活躍します。

海外仕入れで仕事もプライベートも充実に

このように海外の仕入れサイトを見つけ、そこから安定的にある程度の量を仕入れることに成功すると販売して得られる利益と同時に副産物として多くのポイントやマイルを得ることができます。

そのポイントやマイルを使うことによって多数の恩恵を得ることができます。

これを機にぜひ海外にも目を向けて、ビジネスの幅を広めてみてください。

関連記事

  1. 中国輸入を活用してメルカリで月10万円を安定して稼ぐ方法!

  2. スイッチの転売は違法なのか?対策や稼ぎ方とは

  3. メルカリ無在庫転売は稼げる?無在庫転売のメリットとデメリット

  4. amazonで転売をするには古物商許可が必要だった!?古物営業について…

  5. トレンド転売で一攫千金!実例と共にトレンドを学びましょう!

  6. パソコン(周辺機器)の転売をしてアマゾンで爆益を出す方法!

  7. 「メルカリ」と「フリル」徹底比較!売れやすいのどっち!?

  8. 電脳せどりで稼ぎたい!コンサルって必要ですか?