amazon転売するなら知ってて当然!手数料やFBAの基礎知識

スマホやインターネットの普及に伴って、今急成長しているのが『転売ビジネス』。フリマアプリのブランド買取アプリの後押しもあり、自分の持っているものを気軽にネットで売ってお金を儲けることが可能になりました。

そんな転売ビジネスを行うにあたり、amazonは避けては通れない道ともいえるでしょう。なぜamazonが転売に良いのか、amazon転売にかかる手数料などについても詳しく説明していきたいと思います。

amazon転売をかじった事がある方なら、一度は聞いたことのあるであろうamazonの超便利サービスのFBAについても触れていきます。

転売の基本amazonのメリット


転売をするにあたりamazonを使ったことがないという方はどれくらいいるでしょうか?転売の基本はamazonで学べると言っても過言ではありません

何故転売にamazonがよいのか、そのメリットを解説していきます。

amazonという看板

amazon転売のみならず、せどり転売を行ううえで1番大切な事はなんでしょうか?それはズバリあなたの商品を買いたい人がいるかどうか、あなたの商品を発見してくれるか。ということです。

どんなに良い商品を他よりも安く販売をしていたとしても、買い手があなたの商品を見つけてくれなくては意味がありません。amazonにはその圧倒的知名度と顧客数があります。

amazonに出品をすることで、買い手のニーズと噛み合えば必ず売上を立てることができると言えるでしょう。また、amazonで商品を購入刷る際、買い手はあなたから買うというのでは無く、amazonから買うというイメージを持って購入します。

例えば同じ商品を同じ値段であなたの個人販売サイトとamazonで売っていたとしましょう。どちらから売れる方が可能性として高いでしょうか?もちろん後者のamazonですよね。

それくらい買い手に取ってはどこで買うかという安心感は大事なのです。買い手が安心して買い物をしてくれるということは売り手の安心感にも繋がります。つまり売り手のみならず買い手にとっても安心感のあるやり取りが可能になるということです。

充実の商品検索機能モノレート

amazon転売が優秀な点として、amazonリサーチサイトのモノレートというサイトがあります。モノレートでは気になっている商品のamazon内での売れ行き状況を知ることができます。

いつ・どんな商品が・いくらで売れたのか。つまり、その商品の相場と流れを知ることができるのです。商品を仕入れる際には、まずいくらで売るのかを頭に入れて仕入れるのがせどり転売の基本となります。

モノレートで商品の相場正しく理解することができれば、転売の本質も見えてくるようになります。この商品が売れるということは、次はこの商品が売れるであろうという流れも見えてくることでしょう。

メルカリやヤフオクはダメなの?


転売をするにあたり1番気軽かつ簡単にできるのはメルカリなどのフリマアプリかと思います。実際にメルカリはamazonにいる客層とは違うので、そういったターゲットを狙ってメルカリを使用するのであればアリです。

メルカリは販売手数料が一律で10%かかります。さらには売上を請求するにも1万円以内だと振込手数料がかかります。

メルカリの仕組みとしては、ライトな販売ユーザーを多く囲み、とにかく沢山稼働してもらいその手数料を取るというのがメルカリの基本的な仕組みです。

販売手数料はメルカリにかぎらず、amazon,ヤフオクなどほぼ全てのサイトでかかってきますので仕方がありませんが、振込手数料がかかるのは金を減らす原因にも繋がるのであまりオススメしません

amazon転売には欠かせない便利過ぎるサービスFBAとは


FBAとはFulfillment by amazonの略です。意味としてしてはamazonが商品の在庫の保管・発送・返品までを、販売の仕入れ以外を代行してくれるというサービスです。

通常amazon販売を行う際、商品の在庫はあなたが管理しなければなりません。注文が入ったら1つづつあなたが責任を持って発送・配送しなければなりません。商品になにか問題があれば返品の手続きもあなたが行います。

FBAを使用するのには有料になりますが、このamazonFBAのサービスを利用することであなたは作業をする必要がなくなります。あなたは次にどんな商品を仕入れるか、いくらで売るのかという事に集中できるのです。

在庫の保管管理

単純に考えて1日1個商品を売ったとしても、30個は家に在庫があるという状況になります。扱うジャンルや商品にもよりますが、高額で利益が取りやすい家電ジャンルを扱っているとなると、家電製品の箱が30箱も家に常駐しているという状況です。

また売れる度に発送の手続きをしなければなりません。1日1個の商品であればまだ良いですが、おそらくどの商品ジャンルにおいても月30個の販売量では転売だけで生計を立てていくことは難しいでしょう。

転売を上手に伸ばしていくには、作業をする時間をどれだけ減らせるかというのが勝負の鍵ともなってきます。FBAはamazon転売をする際にはマストで使っておきたいサービスと言えるでしょう。

amazon転売にかかる手数料解説

FBAを利用するのにいくらかかるの?

FBAのサービスを使うのには主に2タイプのプランがあります。1つは沢山の商品を販売する大口出品プランと、1点毎に料金が追加でかかる小口出品プランです。それぞれのプランでかかる料金としては下記の通りになります。

大口出品プラン
月額4,900円+売れた商品の販売手数料

小口出品プラン
1商品毎に100円+売れた商品販売手数料

単純に計算をした場合、月に50点以上を売るようであれば大口プランを選択した方がお得だということが分かります。

販売手数料・カテゴリー手数料

大口・小口、どちらのプランを利用してもかかってくる商品販売手数料についても説明をしていきます。販売手数料は商品やカテゴリーによって変化してきますが、大型電化製品であれば8%、本CDなどであれば15%と商品ジャンルによって変わってきます。

さらに本、ミュージック、ビデオ・DVDなどといったメディア商品は販売手数料とは別にカテゴリー成約料というものもかかります。それぞれの成約料は下記の通りです。

カテゴリー成約料
書籍¥80
ミュージック¥140
ビデオ(VHS)¥140
DVD¥140

例として、1,000円(送料500円)の本を1か月に200点販売し、国内発送した場合、売上は200,000円となりFBAサービスをしようした際にかかる費用としては
4,900円(月間登録料)
+30,000円(1,000円×200点×15%の販売手数料)
+15,000円(500円×200点×15%の販売手数料)
+16,000円(国内へ発送する場合のカテゴリー成約料80円×200点)
=659,00円

となります。各商品ジャンルの販売手数料やカテゴリー成約料の詳細に関しましてはamazonFBAサイトにて、見ることができます。

amazonで継続的に利益をあげていくには


さて、amazon転売で利益をあげていく為には経験が必要です。初心者の方でもすぐに稼げるようになる!などといったブログやサイトもありますが、転売で生きていくということはそんなに甘いものではありません。

例えば上でも紹介したように、amazon転売をするにはFBAサービスを利用した方が良いという話をしました。FBAの大口プランでは毎月およそ5,000円かかるわけですがこの5,000円をケチって自分でわざわざ時間を作って発送対応をするのは賢い選択であるとは思いません。

あなたがひとつの商品の発送対応をしている間にライバルのせどり転売をしている方々は次々と商品を捌いているのです。amazon転売でしっかりと利益を出し続けるには何故その商品が売れると思うのかという根拠が必要です。

転売の基本は『安く仕入れて高く売る』というのが鉄則です。ですが、いくら安く仕入れられたからといって在庫を捌くことができなければ意味がありません。転売初心者にありがちな行動としては、在庫を抱えすぎて資金が無くなってしまうというパターンです。

ですので初心者の方にまず伝えるのが、「なにもするな」ということです。なにもするなと言っても文字通りなにもしなければ、売上を出すことはできませんよね。

「なにもするな」、というのは仕入れたり実際に売る作業をいきなりするなという意味です。では販売をせずになにをするのかということですが。

徹底的にシュミレーションをする


徹底的にシュミレーションをしましょう。これが売れそうかも、いい値段で仕入れられそうという商品を見つけたら記録として残して置くのです。

その後、自分が出品をしたつもりでライバルの商品がどれくらいでいつ頃売れたのかをチェックしておきます。もちろん、仕入れる際も自分の資金に見合った仕入れでなくてはなりません。

シュミレーションで転売をするうちは、リスクもありません。いきなり実践に入るのも結構ですが、数多くいる転売屋の中で生き残っていけるのは10%ほどだと言われています。

誰でも簡単に参加できてしまうネットビジネスだけに、続かず廃業してしまう方々がほとんどです。この仕入れから販売までのシュミレーションをとにかく徹底的に行うことで、自分が今後転売屋として生きていけるのか無理なのかが見えてくると思います。

トレンドを先読む


まだなにを売ったらいいか悩んでいる方には、トレンドを気にしてみることから始めてみることをオススメします。さきほど紹介したシュミレーションを徹底的に行ったあなたは、少しづつ転売の本質を知るハズです。

色んな商品を見て、既に人気があって売れてるものを仕入れるのがどれだけ大変か理解しているはず。その時考えるべきことは、他の転売屋は仕入れができて何故あなたには出来ないのか。

資金力の問題や組織力の問題もありますが、あなたとの1番大きな差は次に売れるものを予想して先回りしているという点です。これからどんな商品がいつ発売されるか等の最新情報はもちろん、既に世の中に出ているがこれから価値が高くなるものを予想し、仕入れをしているのです。

特に後者のこれから価値が出るものは、その時点ではまだ価値が低いですからうまくいけば、安く仕入れて高く捌くという最高の状況を作ることが可能なのです。

トレンドを先読みするにはどうしたらいいのか?それはとにかく、様々なニュース媒体をチェックすることです。世の中で売れるものは大半がニュースやCMなどで影響を受けたものがほとんどです。

例えば2018年2月現在ですと、冬季オリンピックがピョンヤンで開催され、羽生結弦選手が金メダルを獲得しました。羽生選手はだいぶ前から世間の注目を浴びていましたが、金メダルを獲得したことで羽生選手のグッズが飛ぶように売れました。

金メダルを取ったことで最高にトレンドに乗った状態で販売ができるわけですが、ライバルの転売屋達はオリンピックに出場が決まった時点で仕入れを始めています。金メダルを取ってからグッズを仕入れるのでは既に遅いのです。

amazon転売はせどり転売の基本

モノレートでの売れ筋商品の流れを知ること。FBAサービスを利用してで発送の作業に如何に時間を使わないこと。amazon転売は転売の基本をやりながら覚えることができると思います。

売上を下げる元にもなる手数料ですがamazonの販売手数料はそこまで高くないことから初心者〜上級者まで多くの転売屋達が利用をしています。

またせどり転売は多くのライバルが存在しますので、人のマネばかりしていても恐らく転売食べていくことは厳しいでしょう。良いところ、使えるところはどんどん盗み自分のものにしていくことで、他のライバルにはマネできない独自の転売スタイルを確立していきましょう。

関連記事

  1. Amazonで出品して手軽に5万円稼ごう!出品方法の解説について

  2. 発展した中国の町並み

    何が必要なの!?中国個人輸入ビジネスのはじめ方とは?

  3. 転売は儲からない!?転売の基本や成功するためのコツとは?

  4. Amazonの在庫管理のオススメな方法は?在庫管理をきちんとしておくべ…

  5. ヤフオクで売上確定となるタイミングは?入金が確認できないときの対処法

  6. ラクマの売上金はいつ受け取れる?振込申請の方法や手数料について徹底解説…

  7. ヤフオクに出品しましょう!便利なツールやサービスも合わせてご紹介

  8. ゼロから始めるAmazon輸出!具体的なやり方とは?