Amazonでの転売にはタイムセールを活用!仕入れから販売までお得に利用

食料品から雑貨、海外のファッションまでありとあらゆる商品が購入できるAmazonは、1度は利用したことがあるのではないでしょうか。

いつでも、どこでも注文できるのが魅力で、さらに当日に最短で注文した荷物が配送されることも可能なのでお店に買いに行くよりも楽に買い物が出来てしまうようになりました。

また、タイムセールもありジャンルによって決まった曜日に安く購入することも出来ます。欲しいものが対象商品であればぜひ活用したいところです。

もちろん、購入者としての利用だけでなく、販売者としてタイムセールを活用することもお勧めです。普段売れない商品もタイムセールを使えば購入率も上がり、今後の販売に繋がっていくでしょう。

しかし、やみくもに購入したり販売したりするよりは、しっかりとポイントを押さえて購入したり、販売したりすることで、お得に購入、利益の出せる販売にすることが出来ます。

そこで今回は、Amazonのタイムセールについての情報を整理して、それを活用することでの購入者側、販売者側のメリットやデメリットなどを紹介していきます。

Amazonのタイムセールとは?

まず、Amazonのタームセールについて基礎的な情報をまとめていきましょう。

タイムセールとは?

Amazonでは、毎日タイムセールを実施しており、お得に商品を購入することが出来ます。ジャンルによっては、対象外になる物もありますが、様々な商品がタイムセールで購入できるため、欲しいものがあればチェックしておくと良いでしょう。

どのくらい割引されるかは、ピンキリですが最大で7割引きの値段で購入できる商品もあるので、使用したい商品を購入するというだけでなく、転売をする人にとっても商品を安く仕入れられるチャンスとなります。

Amazonプライムデー

実はタイムセールの中でも、Amazonプライムデーと呼ばれる特別なタイムセールが年に何度かだけ実施されます。

たったの1日しか実施されないため、チャンスを逃すともったいないですが、通常のタイムセールよりもさらに安い価格で商品を購入することが出来ます。ただし、転売用の商品として仕入れる際にはいくつかの注意が必要です。

購入の際の注意点

タイムセールを十二分に活用するには、しっかりと購入ルールやポイントを知っておかなければなりません。当然ですが、安く買って利用したい人や、利益を多く出そうと転売を考えている人も多くいます。

焦ってしまうと、無駄な買い物をしてしまったり、ルールを知らずに予定の商品が購入できなかったという事態も考えられるので、確認しておきましょう。

値段で商品を選ぶ

確かに、通常のタイムセールやプライムデーでは多くの商品が格安で手に入れられる数少ない日としてチャンスとなります。しかし、仕入れる商品が本当に買い手がいるのかどうかを見分けなければなりません。

単に安いだけでは、利用者が必ず購入してくれるわけではありません。100円ショップでも、同じ値段で売れる商品もあればずっと売れない商品もあります。必要ない商品をわざわざ買う人はあまりいないので購入前に考える必要はあります。

個人的な利用のための購入だとしても、値段だけで安いと購入しても使わないケースもよくあります。必要な物だけ購入するように気を付けましょう。

権利関係

もう1つ注意する点としては、商標権や著作権などの権利関係で問題がないかどうかです。商品によっては特定の会社に販売する権利があったり、ロゴやキャラクターが使用されている場合には特に注意が必要です。

個人で使用する分には全く問題ありませんが、転売目的で購入をする場合には調査をしてから購入をするようにしましょう。

ジャンルごとに曜日が決まっている

Amazonのタイムセールは商品のジャンルごとに曜日と時間帯が決まっています。それらを把握しておくだけで、手に入れたい商品を狙って購入することもがしやすくなります。

商品カテゴリー、実施曜日、実施時間帯の順に紹介します。

ホーム&キッチン 毎日 0:00-23:00
Kindle 毎日 0:00-23:00
カー&バイク用品 毎日 0:00-23:00
スポーツ&アウトドア 毎日 0:00-23:00
食料&飲料 水、金曜 0:00-23:00
ペット用品 水曜 0:00-23:00
ヘルス&ビュ-ティー 水曜 0:00-23:00
ファッション 木、金、土 0:00-23:00
ベビー&マタニティー 不定期 0:00-23:00
家電&カメラ 日、月 0:00-23:00
パソコン&周辺機器 日、月 0:00-23:00
文房具・オフィス用品 日、月 0:00-23:00
楽器 日、月 0:00-23:00
DIY・工具 日、月 0:00-23:00

毎日実施されるジャンルもあれば、不定期に開催されるジャンルもあります。Amazonのトップページに「タイムセール」という表示があるので、そこから専用のページへ進むと実施されている商品を見ることが出来ます。

タイムセールのルールや攻略法は?

Amazonタイムセールの大まかな内容を理解したら、実際に購入するためのルールや欲しい商品を安く手に入れるための攻略法を紹介していきます。

タイムセールの内容

一口にタイムセールと言っても実は3つの種類があり、それぞれの特徴を知っておく必要があります。その3つは、特選タイムセール、数量限定タイムセール、プライム会員先行タイムセールになります。

特選タイムセール

このタイムセールはいくつかの商品が数量限定で販売されるのもので、期間限定で価格が下がるので、時間内に購入手続きを終わらせる必要があります。

その他の注意点は商品によっても違いがあるので、よく確認してから購入手続きを行いましょう。

数量限定タイムセール

数量限定は言葉の通り、商品の数が決まっているため売り切れ次第終了となるタイムセールです。人気な商品はすぐに売れ切れてしまうため、時間との勝負になってきます。

プライム会員先行タイムセール

Amazonプライム会員であれば、一般の会員よりも30分先行してタイムセールを利用することが出来ます。先行して参加できるというのはかなり有利な条件なので、なるべく会員になっておく方が良いでしょう。

タイムセールのルール

タイムセールを利用するにあたり、いくつかのルールを知っておかなければなりません。知らないで購入しようとするとトラブルのもとになってしまうので注意が必要です。

15分以内の購入

タイムセールの注意しなければならない点は、商品をカートに入れてから15分以内に購入手続きを完了させなければならないことです。

例えば数量限定の商品をキープしようとカートに入れてから、他の商品を見ているといった時間はあまりありません。購入するかどうかの判断はすぐにしなければならないので、判断力が必要かもしれません。

ただし、15分を過ぎてもキャンセル待ちをすれば、他にも購入をしない利用者がいれば、自分に購入できるチャンスが来ます。無駄な買い物にならないよう注意をしましょう。

1人1点以内の購入

Amazonの規約では、タイムセールに関して次のようなことが書かれています。

「タイムセール商品は別途記載がない限り、おひとり様一点までとさせていただきます」

つまり、1つの商品に対して1人1点までしか購入できないため、買い占め防止対策のルールをAmazonが取っていると考えられます。

ワンクリック注文での購入

Amazonでは、ワンクリック注文という設定が可能で、ボタン1つで購入手続きを完了させることの出来る便利な機能があります。

普段にこの設定をして利用いている人が、タイムセールで使ってしまうと割引の対象外になってしまい、割引前の値段で購入されてしまいます。

タイムセールの攻略法

それぞれのタームセールの詳しい内容やルールが分かったら、実際にどのように使っていけばお得に商品が購入できるのかを考えていきます。ここでは、転売用としての購入(仕入れ)を想定しての話になります。

利益を出しやすいタイムセール

タイムセールには3種類あると紹介しましたが、特にプライム会員になった上で、数量限定のタイムセールを利用するのが最も賢いと言えます。

しかし、1年に1度のみ開催されるAmazonプライムデーは何よりも商品を安く購入できるチャンスであるという事を忘れてはいけません。毎年、プライムデーが近くなるとAmazonのトップページでも開催日などの情報が出てきます。

最も利用したいタイムセールは、Amazonプライムデー、数量限定タイムセール、特選タイムセールの順となります。ただし、商品によっては順番が変わる場合もあるので、購入した商品の情報は常に仕入れておく必要があります。

仕入から販売までを全てAmazonで行う

実は、Amazonのタイムセールを利用して商品を安く購入し、同じAmazon内で商品の販売をして、差額分の利益を生み出す方法もあります。その為にはいくつかのポイントと注意点があるので紹介していきます。

商品の事前リサーチ

利益率の高い商品かどうかを少しでも早く購入するには、プライム会員になって30分先行でタイムセールに参加することが大切になってきます。

タイムセールで出品される商品は事前に分かるため、転売した際にどのくらい売れやすいのか、いくらで仕入れて売ればいいのかなどをあらかじめ予測を立てておきます。

そして実際にタイムセールが始まった際に、値段を見て購入する商品や、購入をしたいと検討する方向で考えている商品であれば先ずはカートに入れておきます。

ただし15分以内に購入手続きを完了させなければならないので、時間内に購入するか否かを最終判断しなければなりません。時間との勝負になるので、慣れておく必要があるでしょう。

需要と供給

判断材料の1つとして、需要と供給がどのくらいあるのかを判断しなければなりません。大量に在庫のある商品がタイムセールで販売されていた場合、同じように転売をしている人が商品を仕入れて販売することは当然考えられます。

安く仕入れても、販売する時には仕入れた値段と変わらないくらいの値段で販売されていては意味がありません。単に商品の値段を見るのだけではなく、商品が供給されている数と需要の数を予想できなければなりません。

そのためには商品が廃盤であるのかや、限定品なのか、プレミア化していくのかなどアンテナを張って情報収集に努めることが大切になります。

権利侵害の商品

先ほど説明した通り、商品を転売する際は商標権や著作権といった第三者の権利を侵害していないかどうかもチェックしなければなりません。

簡単にチェックできる方法としては、他の転売を行っている人が販売したい商品を取り扱っているかどうかを見る方法があります。多くの人が商品を取り扱って販売していれば問題ないと考えてよいでしょう。

しかし、数社しか取り扱っていない商品や出品が特定の会社のみだったりした場合には権利が絡む商品だと考えられます。そういった場合には取り扱わないか、確認をしてみましょう。

価格差を利用して利益を生む

例えばAmazonのタイムセールで安く仕入れて、通常の時に通常の値段で売るだけでも利益が生まれます。重要なのは、いかに安く仕入れるかという点です。

しかし、同じことを考えている人は全国にたくさんいます。そのため、タイムセールで仕入れた商品は価格が高い時に素早く売るか、値段が高くなるまで少し待つかのどちらかが良いでしょう。

タイムセールが終わってからは、多くの転売屋がタイムセールで仕入れた商品を売り始めるため、価格が一時的に下がっていくことが多くあります。その時に売ろうとしても利益率が低いためお勧めできません。

価格が下がる前に早く出品するか、品薄で価格が上がってきた時に出品をすることで価格差を大きくすることが出来て、利益率も上がっていくでしょう。

時間との勝負

Amazonのタイムセールは、とにかく時間との勝負になります。さらに、その中で転売屋として勝ち残っていくためには情報収集能力と、即断即決力が求められます。

単に個人で利用するために購入する場合には楽しむこともできますが、転売目的であれば、そうもいきません。Amazonを利用した転売屋は数多くいるので、その中でどのように勝ち残っていくのかは知恵を絞らなければなりません。

そのためには、タイムセールで出品される商品の情報収集をしたり、商品がどのくらい需要があるのかをチェックしたり、出品作業や配送作業を素早く行えるかが重要です。

それらをしっかりと活用すれば、簡単にAmazonでの仕入れから販売まで完結することが出来て、利益も出すことが可能になります。安定してくれば、他の場所や方法で販路を広げていくことも可能でしょう。

関連記事

  1. 有益な転売ブログの見分け方とは?見るべき転売ブログはこれだ!

  2. TENBAI HACKS 勉強会のお知らせ

  3. メルカリで再出品は効果があるの!?再出品のタイミングやコツなどを紹介!…

  4. メルカリの出品方法は?出品する際のポイントや注意点を解説!

  5. 転売初心者が覚えておきたい基礎!転売での稼ぎ方や考え方について

  6. メルカリでもらうと怖いペナルティーとは!?ペナルティーを受けないための…

  7. ヤフオク初心者必見!出品から落札までヤフオク完全攻略マニュアル

  8. 完全攻略!モノレートを活用して10万利益を出す秘密の使い方!